UAE、韓国に「原発整備契約の入札価、30%下げ」要求

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国が作っているUAE原発、それを整備する契約(原発長期整備契約)でトラブルが起きているとのことです。

韓国では、該当原発の整備契約でも韓国が有利だと思われていました。記事によると「文在寅政府では原発関連契約第一号になると予想されていた」とか。原発建設ほどではないものの、整備も長い期間、かなりの収益が予想される事業だとのことです。

 

しかし、UAEは契約を韓国との随意契約から競争入札に変え、しかも韓国に入札価格から30%下げるようにと要求しました。韓国経済の記事によると、<UAEは先週にもムハンマドアルハマディUAE原子力公社社長を韓国に派遣し、「韓国が契約者に選ばれるには、価格を30%以上低く書いて出すように」というメッセージを、政府と原発公企業に伝達したことが確認された>、と。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

記事は、この問題は、文在寅政府が脱原発を掲げているためだとしています。

<・・契約がややこしくなったもっとも大きな原因は、「脱原発」という弱点のせいだと大多数の原発専門家が指摘する。国内では原発をゼロにするポリシーを掲げながら、海外では原発セールスをする矛盾を、UAEが積極的に利用しているという話だ・・>

低価格の受注したところで韓国側にこれといって実益がなく、もし契約できなかったら、韓国政府は「脱原発政策による失敗だ」という批判に直面することになります。しかも、ライバルとなっている米英が、「韓国は脱原発政策の国だ」ということをかなりアピールしている、とのことでして。

実際、韓国側には「絶対に受注しないといけない」という命令が、「上」からくだされた、とも。

https://news.v.daum.net/v/20190107175203087

 

上といっても、多分大統領でしょうし・・30%下げて入札するしかない、そんなニュアンスにも見えます。

建設契約から整備契約まで、李明博政府から文在寅政府まで。本当にUAE原発ネタは寿命が長いですね。この事業でいちばん得をしたのは、ひょっとしたらブロガーたちかもしれません(笑

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

 

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中(2018年12月27日)です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5