日本「期限は後30日」、韓国「外交欠礼だ」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

日本政府が、(基本条約に基づく紛争調整のための)協議を要請しながら、「30日以内に」と期限を設定したことがわかりました。

9日のことだそうで、来月の8日か9日あたりが期限になると思われます。日本政府は、韓国の「時間稼ぎ」を防ぐ狙いがあったのでしょう。

朝鮮日報の記事から部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<日本政府が、ウリ(私たちの)最高裁判所の日本の強制徴用被害者賠償判決と、その後のウリ裁判所の措置に反発し、9日、韓国政府に送った外交協議要請に、『30日以内に回答を』という趣旨の条件を明示したことが、13日、分かった。外交協議の要請をしながら、相手国に期限を一方的に通知するのは、外交的欠礼だという指摘だ・・>

https://news.v.daum.net/v/20190114030738269

 

韓国は、「気にしない」という反応です。

<・・韓日請求権協定3条1項には「協定の解釈及び実施に関する両締約国間の紛争は、まず外交上の経路を通じて解決する」と明示されている。韓国政府は「外交的協議」に応じるかどうか綿密に検討するという立場を明らかにしてきた。

ただし、日本が一方的に答弁期限を出したことには、縛られないという立場であることが分かった。請求権協定にも期限は明記されていない・・>

https://news.v.daum.net/v/20190114085400862

 

そもそも「解決」それ自体を望んでいない韓国ですから・・それに、韓国政府は「基本条約を認めている。その範囲を変えただけ」という無茶苦茶な理屈ですので、仲裁はおろか、協議に応じるかどうか、微妙なところです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

 

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中(2018年12月27日)です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+167

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5