韓国軍の「正統性」は、光復軍にある

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国が臨時政府の正統性を受け継いでいると憲法に刻んでいること(=併合時代を合法だとするのは韓国では違憲となる)は、本ブログ初期からずっと書いてきた内容です。

じゃ、韓国軍の正統性とやらはどこにあるのか?それは、戦後(1946年)に創設された「朝鮮警備隊」という組織を韓国軍の「元祖」と見るのが普通でした。しかし、文在寅政府になってから急に変わりました。臨時政府が韓国の母体なら、臨時政府が「正規軍」だと主張していた「光復軍」こそが、韓国軍の母体だというのです。

政府機関「国防広報院」が発行する韓国軍の日刊紙、「国防日報」、2018年2月2日の記事を見てみましょう。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<国防部が公刊書(公式刊行物)にて、独立軍と光復軍を我が軍のルーツとして公式に認めた。国防部軍事編纂研究所は、このような内容の公式刊行物である「独立軍と光復軍と国軍」冊子を発刊、一線兵舎はもちろん、各軍の教育機関とメディア、大学と自治体などに配布した。既存の公刊書「国軍50年史」(1998年)などでは、国軍のルーツを1946年1月15日に創設された朝鮮警備隊から見出していたのを修正して、新たに再照明したものである。国防部公刊書で初めて独立軍と光復軍を韓国軍の歴史に編入して国軍の正統性を蘇らせたのが、この本の最大の特徴だ・・>

http://kookbang.dema.mil.kr/newsWeb/20180222/37/BBSMSTR_000000010026/view.do

 

お分かりでしょうか。1946年だと、すでに朝鮮半島は事実上の分断状態にありました。韓国軍のルーツは、分断状態になった「後」ではなく、分断の「前」にある、というものです。

同じ流れとして、いまは10月1日である「国軍の日」を、光復軍創設の日である9月17日にしないといけない、という動きがあります。

10月1日は、朝鮮戦争で追い込まれた韓国軍が、連合軍の力によって再び北進を開始、いまの南北の境界線(『38度線』)を超えた日を記念してのものです。いつかまた超えてやる、という意味もあるのでしょう。

https://news.v.daum.net/v/20180927121017984

オーマイニュースはこの件で「偶然ではあるが、10月1日は朝鮮総督府がスタートした日でもある」という理屈も出しています。

https://news.v.daum.net/v/20181001121500382

 

しかし、その光復軍ですが・・その規模は339人(1945年4月時点)でした。しかし、2006年の調査によると、なぜか戦後「私は光復軍です」と申告して光復軍として認められた人は、560人です。

https://news.v.daum.net/v/20061023204710271

それもそのはず、<ハンギョレ21>が国家報勲処の内部文書「光復軍服務事実確認」 ( 1991年12月)を元に調べたところ、光復軍としての功績が疑われる55人の中の44人が「功績と呼べるものが何も無く、日本が敗戦してから六日後に入隊した人もいた」とのことでして。

 

記事は、こう書いています。

<・・1960年代には「白紙(※書き放題)が出回ったことがある」という話もある。チョン・ウンヒョン前「オーマイニュース」編集局長がキム・サムウング独立記念館長と一緒に1992年に出版した<親日派2>という本によると、『全斗煥政権当時、政府は独立有功者の中に偽物が多いという陳情書を提出し、その対象者100人を調べたところ、 40人が偽物だった』という。

独立有功者賞初期の1960年代に「白紙が出回ったことがある」ということは、独立有功者たちの間では公然の秘密だと、光復会の幹部を務めた人が話している・・>

2005年6月22日ハンギョレ21「偽物光復軍、多すぎる」より

http://h21.hani.co.kr/arti/special/special_general/14150.html

 

結論は、韓国も韓国軍も、「反日と嘘つき」を正統性としていることです。

余談ですが、2016年、国防部長官がいきなり「朴正煕元大統領は実は光復軍でした」と話して、大騒ぎになったこともあります。朴正煕支持者たちも「それはねーよ」と冷たい反応でした。

https://news.v.daum.net/v/20161024170653488

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

 

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中(2018年12月27日)です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5