ソウル大教授「日本に対する請求権は基本条約で終わった。補償なら韓国政府がやればいい。過去2回もしたではないか」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

「韓日葛藤と強大国関係の中の韓国の外交の座標」という、野党(自由韓国党)のセミナーで、ソウル大のパク・チョルフィ教授が次のように述べました。

案件別に紹介します。

・いわゆる強制徴用について:「基本条約で請求権問題は終わった。補償なら韓国政府がやればいい。過去2回もそうした」

※朴正煕大統領の頃、盧武鉉大統領の頃

・慰安婦合意の破綻(記事の題は「破棄」となっています)について:文在寅政府が、朴槿恵政権を傷つけるために無理矢理慰安婦合意をダメにした。司法壟断だとしながら司法全体に「逆らうな」という雰囲気を作っておいた。日本から見ると「喧嘩売ってるのか」でしかない

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・観艦式での旭日旗掲揚問題:10年前、20年前にも観艦式はやった。あの時は何も問題なかったし、(旭日旗掲揚は)国際的な慣行だ。韓日軍事協力を傷つけただけだ

・韓日関係は最悪だ。日本は、私たちよりずっと激昴している。韓国とは話もしたくないとしている

 

ここまでは私も同意しますが、以下の二つの事案については、私は「いや、それは違うでしょう」と思っています。

・レーダー照射問題:信頼と疎通でなんとかすればいい問題を必要以上に大きくしてしまった。韓国にも日本にも責任がある

※私は、責任は全的に韓国にあると見ています。それに、何かの目的でわざとやったと見るべきでしょう。

・韓日関係は、自由韓国党が執権するまで完全に壊れないなら、直せばいい

※保守(右派)も進歩(左派)も、反日は変わりません。北朝鮮関連などでは、いまより多少はマシになるかもしれませんが。それを「私たちが執権すればなんとかなる」と思っている時点で、結局は話が『用日』になってしまいました。

韓国政府が補償せよとした点、旭日旗掲揚問題を国際的な慣行だと認めた点までは好印象でしたが・・・竜頭蛇尾になったようで、残念です。

https://news.v.daum.net/v/20190116203600187

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。統一前の北朝鮮より、統一後の韓国のほうが日本にミサイルを撃つ可能性が高い・・そんな悲しい内容の本です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+185

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5