韓国軍、日本側に「本当に撃つかもしれませんよ」という答弁を用意していた

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

レーダー照射の件で開かれた14日の日韓協議で、韓国軍(国防部)が「私たちが本当に撃つこともある」という答弁を用意していたことがわかりました。

これは直訳です。もちろん場の雰囲気や話す人のニュアンスにもよりますが、私が日本語訳(意訳も加えて)にするなら、「(威圧的な顔で)私たちに撃たせないでくださいね」や「(同じく威圧的な顔で)いいんですか。本当に撃つかもしれませんよ」あたりにします。

実際にそう話したわけではない、とのことです。記事から部分引用し、該当部分には韓国語も付けておきます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・(※シンガポールでの協議の際、韓国)軍は、日本が引き続き脅威的な飛行を認めず、再発防止を約束しないと、今後同じことが発生した場合、「私たちが本当に撃つこともできる(우리가 진짜 쏠 수도 있다)」との回答も用意したことが分かった。

軍関係者は、しかし、「答弁を準備はしたが、実際にはしなかった」と述べた。実際に相手を攻撃することもあるという言及自体が両国の関係を破綻させるのに十分すぎる波紋を呼ぶこともできる事案であるからだ・・>

https://news.v.daum.net/v/20190118102100938?d=y

 

韓国が日本に対して「叱る」感じの態度を取るのは目新しいことでもありませんが、韓国軍が日本自衛隊に対して「言うことを聞かないなら、一発殴るぞ」なこと・・強いて言うなら、先生が教え子に対して取るような態度を考えていたことが、よく伝わってきます。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。統一前の北朝鮮より、統一後の韓国のほうが日本にミサイルを撃つ可能性が高い・・そんな悲しい内容の本です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+211

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5