韓国「日本は韓国艦の火器管制レーダーを誘っている」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

追記にしようかとも思いましたが、ちょうど日本防衛省も反論を再開したようで、新しいエントリーにします。

まず、韓国軍が日本哨戒機について「自衛権を行使する」と警告していたことがわかりました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国軍は、「『それ以上接近すると自衛権的措置を取る』という内容で数十回の警告通信をしたけど、日本哨戒機は応答しなかった」と主張しています。

また、韓国軍関係者たちは、今回の件を「日本が、韓国艦の火器管制レーダー作動をわざと誘ったものだ」、「地域内の紛争を誘発し、日本国内の反韓感情を誘発するなど、日本国内の政治的目的のための意図である」と分析しています。

 https://news.v.daum.net/v/20190123180623142

政治的目的という言葉は、韓国側のレーダー照射関連記事でかならず出てきます。「アベガリウム(安倍が~成分)」の中毒症状かもしれません。

 

片方、日本防衛省も反論を再開しました。

聯合ニュースの同記事によると、防衛省は「識別できている友好国機に自衛権とはどういうことだ」「国際法的に問題ない飛行だった」と反論しています。

産経新聞の記事によりますと、

<・・韓国側は哨戒機は高度約60~70メートルで飛行したと主張しているが、岩屋氏は「正確ではない。高度150メートル、距離500メートル以上を確保し、従来通り国際法や国内法にのっとって適切な運用を行った」と反論した・・>、と。

https://www.sankei.com/politics/news/190123/plt1901230041-n1.html

 

これで、レーダー照射の件が、偶発的なもの(現場の兵士のミスかなにかで始まった事案)ではなく、韓国軍が隠し持っている何かの「意図」によるものであることが、明らかになりました。

反日(民族の敵は日本という図式で、南北を一つの民族として強調する)が、反共(主敵は北朝鮮、日米韓三角同盟の必要性など)を弱体化させる効果を持っていること。前の左派政権は、そのやり方で韓国の反共思想に致命的なダメージを与えました。

今回の件も、新しい「敵」の存在が、過去の敵の存在を薄める効果があるのでしょう。いまのところは多少曖昧なところでありますが、これからさらに具体的になっていくことでしょう。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。統一前の北朝鮮より、統一後の韓国のほうが日本にミサイルを撃つ可能性が高い・・そんな悲しい内容の本です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5