韓国社会の「信」とは

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

拘束令状(逮捕状)が裁判所から認められ、ヤン・スンテ前大法院長(最高裁判所長官)の拘束が決まりました。

複数のマスコミが、この件で「司法不信」という趣旨を論じています。ちなみに本エントリーのタイトルブルシンは、不信の韓国語読みです。

「国民的次元で、背負えそうにない批判が起き上がることが火を見るより明らかな状況で、司法の信頼回復のために、元司法首長を拘束する苦肉の策を選んだという評価も出ている」、と。

https://news.v.daum.net/v/20190124023910413?d=y

もちろん各記事がこの司法不信(国民が司法機関を信じないこと)「だけ」をヤン氏拘束の理由としているわけではありませんが、内心、「拘束しないと司法が終わるからな」と思っているのは間違いありません。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国の司法にもいろいろ疑問がありますが、まずが韓国社会の「信」を知る必要があるでしょう。

韓国社会で配慮とは「私が人にやるのではなく、人が私にやること」という認識があると、前々から書いてきました。それと同じく、韓国社会の信もまた一方通行です。

「私の言葉通りになる」ことが、韓国の信です。

 

韓国人は法を信じないとよく言われますが、告訴・告発が多い(人口比で日本の100倍以上)ことから、「本当に信じていないのか?」と疑問です。信じていないならそこまで告訴しまくる理由もないでしょう。

韓国人が法を信じないことは、「起訴率の低さ」から来ています。告訴は多いけど、それがちゃんと認められて起訴されるのは、20%にしかなりません。8割は「そんなの人を告訴することじゃないだろう」で終わりです。すなわち、法が自分の思い通りになってくれないから、信じなくなったのです。

大きな事案(大統領の弾劾など)があると、そういう「一方通行」さが国民レベルで起きてしまいます。客観的なのかどうかなど、二の次。ただ国民感情に合わせた判決だけを求めます。まるで、スポーツで「どんな手を使っても勝てばいい」と思おうのと、同じ心理になります。

 

さらにヤバイのは、「私の言うとおりになる」が信なら、「私の嘘がバレない」も韓国では信の領域に入ることになります。私は人に嘘をついてもいい、人は私に嘘をついていはいけない。その関係も「信」になったりします。

個人レベルでも、韓国社会の人たちがお互いに不信になること、人が人に対して「不」信になるのも、そのためではないでしょうか。

反日関連でも、この考えが見え隠れすることがあります。

疲れちゃいますね。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。統一前の北朝鮮より、統一後の韓国のほうが日本にミサイルを撃つ可能性が高い・・そんな悲しい内容の本です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5