韓国紙、レーダー照射問題を「安倍の黒心」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

レーダー照射の件、韓国は「レーダー照射」ではなく「日本の威脅(脅威的な)飛行」に話をすり替えて、マスコミはいつもどおり「安倍のせいだ」と騒いでいます。

それでも保守とされている、アジア経済の「安倍の黒心・・支持率危機のたびに韓国叩き」という記事を一つチョイスしてみました。

記事は、外国人労働者受け入れ、成果のないロシアとの話し合いなど、日本内の政治的な理由で安倍総理が韓国叩きをしている、と主張しています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・(日本機の低空飛行は)偶発的ではなく、緻密な計画的な、「極右」安倍晋三政権がよく利用する脚通りだという疑問が高まっている。韓国を犠牲羊(※生け贄、スケープ・ゴート)にして、また政治的支持率上昇を意図しているのだ。

安倍政府の今年の挑発は、ある程度予想されていた。日本政府は、慰安婦合の意葛藤に続いて和解治癒財団解散、強制徴用被害者の賠償判決など葛藤が続き蓄積された反韓感情を、政権レベルの弱点を隠すために巧みに利用している・・>

https://news.v.daum.net/v/20190124112548554

 

面白い(?)のは、本ブログが昨日書いた内容・・韓国軍の対応は決して偶発的なものではないとする内容が、逆になってそのまま載っていることです。それに、記事は12月の安倍総理の支持率が47%だったとしています。それを「支持率危機」とするなら、文在寅氏も大して変わらない気がしますが(笑)。

いつもどおり、「日本」の字を「韓国」に入れ替えると説得力ある、そんな記事でありましょう。

ただ違うところがあるとするなら・・いまの文在寅政府がやろうとしていること、在韓米軍のことも含めて、ですが・・それを『政治』カテゴリーで見ていいのかどうか、そこだけでしょう。

最後に、余談ですが、ロシアの態度も確かにイライラ物ではありますが、各協議においての韓国の態度に比べると、はるかにマシに見えます。

 

 

↓新刊関連でちょっとした小ネタですが・・本ブログのコメント欄だけでなく、私の周りのいろんなところから「そういえば、私も韓国人にお金貸して、返してもらえなかった」という経験談が殺到しています。さすがに、こんなに多いとは思いませんでした・・

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。統一前の北朝鮮より、統一後の韓国のほうが日本にミサイルを撃つ可能性が高い・・そんな悲しい内容の本です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

163+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5