岩屋防衛相、厚木基地で哨戒機に搭乗

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

岩屋防衛相が厚木基地を訪問、(韓国側が何を言おうと)警戒監視活動をちゃんと続けるようにと訓示しました。

当たり前のことですが、韓国では何か「ワルイ」ことのように報道されています。

<・・岩屋毅防衛相は25日、神奈川県厚木基地を訪れて周辺海域の警戒監視活動を着実に実施するよう指示したとNHKと共同通信が報じた。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

岩屋防衛相は隊員たちに「韓国側にレーダー調査(照射・照らす)は予測できない事態を招くことができる極めて危険な行為だと抗議し、再発防止を徹底することを強く要求している」と主張した。

それとともに「北朝鮮が数百発の弾道ミサイルを実戦配備し、中国は軍事力を急速に強化している」とし「警戒監視をしっかりするのは、安全保障上極めて重要な任務」と述べた。

続いて「安全保障環境が厳しい中で、私たちの領土と領海、領空を守るために、広大な海域の警戒監視に全力を尽くすほしい」と付け加えた・・>

https://news.v.daum.net/v/20190126005849274

 

NIFTYニュースによると、防衛相自ら哨戒機に搭乗した、とのことです。

https://news.nifty.com/article/domestic/government/12145-173756/

記事の書き方が防衛相の訓示の順番通りなのかはわかりませんが、良からぬ意味で「韓国」が北朝鮮、中国より先に出てきたことは、歴代防衛相の訓示の中でもかなり珍しい順番ではないでしょうか。多分。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。統一前の北朝鮮より、統一後の韓国のほうが日本にミサイルを撃つ可能性が高い・・そんな悲しい内容の本です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+163

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5