安倍総理を支持しない層でも57%が「レーダー照射でもっと強い対応を」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

安倍総理の支持率が上がったという報道が流れ、韓国マスコミが一斉に「レーダー照射で支持率が上がった!」と報道しています。ソウル経済の記事を一つ引用してみます。

「日本の安倍晋三総理の内閣支持率が、韓日間の対立が高まる中、50%台を回復したという世論調査の結果が出た。各種悪材料にもかかわらず、韓国とのレーダー葛藤が深刻化し、内部結集てきたという分析が力を得ている・・」

https://news.v.daum.net/v/20190128082114742

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

記事がソースとしているデータは、日本経済新聞と東京TVの世論調査によるものだそうですが、レーダー照射の件で「日本政府はより強く対応すべき」が62%。「韓国側の主張を聞くべきだ」は7%でした。

この「より強く対応すべき」データを、「内閣支持」と「支持しない」で分けてみると、安倍内閣支持層では67%、不支持層でも57%となります。

自民党支持層は69%、無党派層でも59%が強い対応を求めました。

 

すなわち、安倍総理を支持するか・しないかにかかわらず、「より強い対応」が求められているわけです。こうしてみると、安倍総理がレーダー照射を「煽って」支持率が上がったわけではなく、むしろその逆であることがわかります。

 

しかし、韓国側の記事はこのデータを紹介しながらも「これが日本が低空飛行を続ける背景だ」としていますから・・わけがわかりません。

物事を「~なのかどうか」ではなく「~でなければならない」とする、いつもの韓国のパターンと言えましょう。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。統一前の北朝鮮より、統一後の韓国のほうが日本にミサイルを撃つ可能性が高い・・そんな悲しい内容の本です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+186

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5