韓国紙「北朝鮮が平和を選び、日米が韓国との葛藤を選んだ」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

「日米が韓国を利用している」主張の記事、いままでも紹介したことがありますが、また同じ流れの記事がありました。今度は韓国日報で、日米が韓国を利用するようになったのは、北朝鮮が平和路線を選んだからだ、という内容です。

「北朝鮮が挑発をやめ、むしろ困ってしまった日米」という記事、部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<米国と日本が伝統的安全保障協力国である韓国と、前例のない軍事関連の葛藤を起こしている。北朝鮮が昨年から突然挑発を止め、長い敵対国である韓米と和解を試みながら起ったことである。北の脅威を名分にしていた軍備維持が難しくなり、両国が困惑している気味だ・・>

 

日本の場合「自国の保守層を結集させる役割をしていた北朝鮮が、当分の間、その機能を果たせなくなった。念願の憲法改正の実現にブレーキがかかった状況で、日本政府が選択した新しい動力源が、韓国との葛藤だというのが外交家たちの大体の分析である」で、

米国の場合は「北朝鮮の平和路線で名分が弱まるのは在韓米軍の防衛費だけではない。今まで北朝鮮を狙った複数の軍事的措置を縮小調整しないといけない可能性もある」、と。

https://news.v.daum.net/v/20190130180230008?rcmd=rn

 

いつものことですが、これらの主張を読んで改めて驚かされるのは何かというと・・「韓国に問題がある」とする観点はもちろん、「韓国に『も』問題はある」とする観点すら徹底的に排除され、韓国は完全無欠の被害者になっている点です。

これはこれで、疲れないのでしょうか。「私は被害者です」と毎日言っていることは、「私は惨めです」と毎日日記を書いているようなものですが・・・

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。統一前の北朝鮮より、統一後の韓国のほうが日本にミサイルを撃つ可能性が高い・・そんな悲しい内容の本です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

162+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5