韓国紙「慰安婦問題は外交交渉の対象であってはならない(=合意などあってはならない)」)

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

本ブログでは前からこんなことを書いてきました。

韓国側が慰安婦合意に怒っているのは、実はその合意の内容ではなく、合意で慰安婦問題を「終わらせようとした(解決しようとした)」こと、それ自体に怒っているのだ、と。

韓国政府が慰安婦合意の「再協議や新しい合意を要求しない」としているのも、それが理由です。韓国にとっては、既存の合意を無力化させることが目的であり、そもそも合意があってはならないのです。

ソウル新聞の社説が、その点をビシッと書いていたので、部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・哨戒機葛藤は、両国が対話で何とかバランスを取り戻すべき外交問題だ。しかし、人権を陵辱した慰安婦問題だけは、今後も外交交渉の対象であってはならない。明らかに加害者である日本の真の謝罪だけが、問題を解く唯一の鍵である。安倍総理は動くことができないその真実をはっきり記憶すべきだ。>

https://news.v.daum.net/v/20190130033632714

 

他のマスコミは、普通は、「被害者中心じゃないから!」とかで、合意の内容を問題とする書き方をします。もちろん、内心は「合意など必要ない。大事な慰安婦問題が使えなくなったらどうする!」というものですが。その点、この社説はずいぶん率直に書いたもんだな・・と思いました。

 

昨日死んだ慰安婦は、「最後まで戦え」という、進撃の巨人っぽい熱い遺言を残した、とのことです。

慰安婦たちを擁護する立場の人たちは、よくこう言います。

「あんな老人(慰安婦)たちが嘘をつくはずないだろう」とか「嘘ならなぜあんな遺言を言う?」とか。

 

まず、歯科医だった経験によって言い切れますが、韓国の老人たちはよく嘘をつきます(若い人たちよりもっとひどい)。

そして、韓国人にとって、嘘が罪になるのは、「バレた時」だけです。バレてない嘘は、罪ではありません。だからそんな遺言を残したとして何もおかしくはありません。「最後まで私の嘘がバレないようにしてくれ」、と。

そもそも、本当に本人が言った遺言なのか、それも疑問ですが。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。統一前の北朝鮮より、統一後の韓国のほうが日本にミサイルを撃つ可能性が高い・・そんな悲しい内容の本です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

181+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5