「司法の判断を尊重します(笑)」・・韓国検察、前・現職裁判官100人以上の起訴を検討中

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

例の「司法壟断」の件で、検察が起訴を検討している前・現職裁判官の数が、100人以上であることがわかりました。

起訴検討リストには裁判官以外にも政治家たちも含まれており、ユン・ビョンセ前外交部長官の名前も上がっています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・検察は、司法行政権の乱用疑惑の頂点にあるヤン・スンテ最高裁判所長官の司法処理を終えた後、疑惑にかかわった他の裁判官と、司法裁判関連請託をした裁判所の外の人たちの起訴を順番に検討し結論を出す方針だ。残りの裁判官100人余りは、上部の指示履行及びどれだけ協力したかなどの基準を総合的に検討し、起訴するかどうかを決定する予定である・・>

<・・検察は日帝強制徴用被害者訴訟に関与したものと調査された朴槿恵前大統領とキム・ギチュン元大統領秘書室長、ユン・ビョンセ前外交部長官に職権乱用の疑いを適用することを検討した後、起訴するかどうかを決定する予定である。

検察は、朴正煕元大統領が1965年の韓日請求権協定を主導した当事者という点を意識して朴槿恵大統領など政府関係者が、2012年に強制徴用被害者賠償請求訴訟の手続き、外交法、国際法などの問題を指摘して関与したものと把握している・・>

https://news.v.daum.net/v/20190203075502695

 

外交や国際法の問題を指摘したならそれは問題ないのでは(汗)・・な気もしますが。

いつものあれ、行きます。せーの、

「司法の判断を尊重します(笑)」

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。統一前の北朝鮮より、統一後の韓国のほうが日本にミサイルを撃つ可能性が高い・・そんな悲しい内容の本です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

153+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5