80年代の韓国の人身売買は、「慰安婦」設定にそっくり

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国で「奴隷」扱いをされている女性が多いのは、旧ブログの時から何度も書いてきました。基本的には、女性を借金漬けにして、返せそうにない条件で体を「売る」ようにする人たちが、組織的に存在している、と。

韓国社会でこの件が話題になったのは、そう昔のことでもありません。2000年、全羅北道の群山(クンサン)というところの風俗店で火事が発生、20代の女性5人が死亡しました。なんと彼女たちは、外からしか開けることができない鉄の扉の部屋に、監禁されていたのです。翌年にもまったく同じパターンで、監禁されていた女性14人が死亡しました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

それらの事件で「奴隷」状態の女性が多いことが明らかになったわけですが・・実はこのやり方は、80年代から基本的には変わっていない、と言われています。

 

1960年代からあった大きな売春街が一つ閉鎖され(再開発事業)たことで、中央日報がそこで働いた女性のインタビューなどをまとめてシリーズ記事を載せました。60~80年代の様々なエピソードが出てきますが、彼女たちも「奴隷」として暮らすしかなかった、と言います。

特に「〇〇島に送られるのがもっとも怖かった」と話す部分では、例の塩田奴隷を思い出さずにはいられませんでした。

塩田奴隷というのは、精神障害者など大勢の人たちが、塩田で奴隷のように酷使された事件で、当時、「警察を含め村の全員がグルだったので、外に助けを求めることもできなかった」という話がありました。

今回のシリーズ記事で、女性たちが「◯◯島」を恐れたのも、その島では住民全員がグルだから、というのです。記事のインタビューに応じた女性が話した「◯◯島」以外にも、似たような地域は他にもあったのでしょう。

 

そして、なにより・・韓国が主張する「慰安婦」の設定と一致するシチュエーションも証言されています。主に80年代の話です。

「良い稼ぎの職業がある」という就職詐欺まがいなことで女性を騙し、そのまま奴隷にしてしまう人たちが多かった、むしろ人身売買が「女性」を確保するもっとも手っ取り早い手段だった、という話です。女性一人を連れてくると、200万ウォンが得られた、とも。当時200万ウォンならかなりの大金です。

 

<・・87年ソウル地検キム・スチョル検査が、ローラースケート場周辺の女子中高生や、新聞の「観光案内員募集」などの虚偽の求人広告を見て訪ねてきた未成年者500人余りをソウル・釜山・大邱などの淪落街に売り渡した人身売買組織、15組織46人を摘発した。ローラースケート場に遊びに行って、だまされて個人宅に監禁、4ヶ月余りの間、強制的にヒロポン注射を投与された状態で売春行為をしたキム某(16)さんは、組織から解放された後の後遺症で麻痺症状を見せるなど、被害が深刻だった・・>

https://news.v.daum.net/v/20190203120044523

当時、女子中・高生に「仕事がある」というだけでも、それは大きな誘惑でした。

 

ひょっとすると、慰安婦問題の「元ネタ」は、韓国社会そのものだったのかもしれません。「私が日本軍ならこうしたはず」という「ある種の自己紹介」の結果が、いわゆる慰安婦の設定ではないでしょうか。

※ソース記事は慰安婦問題を扱ったものではありません。シリーズ記事を読んで、私が個人的に思ったことを書いただけです。

 

 

告知です

画像の表示を少し変えてみました。一つ前の初島エントリーなどで試してみてください。表示したままスライドできるようになりました。なにか不具合があるなら、「インフォメーション」エントリーにコメントください。

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。統一前の北朝鮮より、統一後の韓国のほうが日本にミサイルを撃つ可能性が高い・・そんな悲しい内容の本です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

176+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5