韓国、大学卒業して経済活動に参加しない人が366万人

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

盧武鉉大統領の頃、韓国は「大学に入れないなら大学を増やせばいい」という、ありえない政策を進めました。これもまた、韓国が望んだ「公正」の一つの形だったのかもしれません。

大学に入れなかった人たちへの差別を無くすためだ・・という話も聞きましたが、大学に入る人が大幅に増えても、その差別が韓国社会で無くなることはありませんでした。「大学に入れなかった人は人間じゃない」という新しい差別を産み落としただけです。

その副作用が十数年も続き・・「大学を卒業したのに経済活動をしない」人たちもまた、増えてしまいました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国の人口は約5000万人で、経済活動人口は2018年時点で2800万人だと言われています。

そんな韓国で、「大学を卒業した『非』経済活動人口」が、366万6千人とのことでして。

https://news.v.daum.net/v/20190205060505454?d=y

 

この中には病気で入院している人とか、産後に休んでいる人とかも含まれているので、全員が「レベルの高いニート」というわけではありません。

しかし、韓国背は、もう10年以上も前から「大学まで卒業したのに仕事が得られない」社会問題を表す指標の一つとなっています。関連記事もほぼ毎年出ており、旧ブログのときにソースにした記事を読み返してみたら、2011年4月の記事で大卒非経済活動人口は「295万2千人」でした。2002年には164万人。それが2004年に200万人を超え、それからずっと増えているとも。

https://news.v.daum.net/v/20110418060341866

 

「仕事が無い」のがもっとも大きな理由でしょうけど、「私は大卒なのにこんな仕事できるか」という心理もまた、理由の一つであります。

記事によると、「このように、大卒非経済活動人口が増えたのは、学歴は高くなったのに適当な仕事が見つからなかった、または現実と乖離感が理由だと分析された。昨年(2018年)5月基準で、若年層が最初の仕事を辞めた理由を見ると、報酬や労働時間などの労働条件が満足できなくて自らの仕事をやめた場合が、全体離職経験者の半数を占めた」、とのことでして。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。統一前の北朝鮮より、統一後の韓国のほうが日本にミサイルを撃つ可能性が高い・・そんな悲しい内容の本です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

151+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5