31運動100周年記念行事推進委員会、韓国の国歌「愛国歌」を拒否

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国の「31運動100周年記念行事推進委員会」が、旗揚げの式典で韓国の国歌である「愛国歌」を拒否したことが、話題になっています。この流れのまま行くと、公式の31運動100周年記念行事では、韓国の国歌が流れない可能性が高いと言えます。実際、ソース記事のSBSの報道だと「愛国歌に国歌としての資格があるのか」が議論になっている、とのことでして。

https://news.v.daum.net/v/20190207210910196?rcmd=rn

理由は、「親日派が作曲したから」です。愛国歌の作曲家アン・イクテ氏は親日派とされています。歌詞を作ったのも親日派とされていますが、一応、作詞者が誰かは不明ということになっています。

※旧ブログへのリンクとなります

 

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

さて、建国は1919年だとかなんとか言っている韓国の100周年記念行事が「国歌なし」というだけでも十分ネタになりますが・・もうちょい、複雑な事情があるのではないか、な気もします。

本ブログの読者さんなら、韓国の左派思想家たちが「国旗と国歌を拒否する」ことをご存知でしょう。韓国の左派思想家たちから見ると、「大いなる民族国家」の誕生を邪魔して生まれた存在、解体されるべきもの、半分だけの『失敗作』、それが大韓民国だからです。「民族」単位でものを考える人たち、韓国の場合いわゆる「左派思想家」たちからすると、米国と李承晩のせいで「民族国家」ではなく「半分だけの植民地」で生まれた国です。

彼らからすると韓国は解体されるべき存在であり、国家としての『正統性』を持っていません。だから、韓国の左派団体は国旗、国歌を毛嫌います。

 

そもそも「1919年建国」説が、「分断の前から国家が存在していた」という設定に説得力をもたせるためのものでもあります。大韓民国というのは臨時政府が使っていた国名であり、彼らが「1919年に建国した」と主張しているのは、「いまの大韓民国(南韓)」ではありません。北と南に分断される前から、『国家』は存在していたのです。それを、便宜上、臨時政府の国名の通り「大韓民国」と呼んでいるだけのこと。

韓国の国旗である太極旗は、似たようなものが臨時政府時代からあったので、国旗についてはさほど問題になりません(とはいっても、今回の100周年イベントには『韓半島旗』が多く登場するのではないか、とも予想していますが)。

表向きには『親日派』という便利な言葉を使っているものの、実は、いまの大韓民国の正統性を否定する動きの1つではないのか。気づく人はいないのか。

どうしても、そう思わざるを得ない事案です。

それに、もし金正恩委員長が本当に3月1日に韓国に来るなら、韓国の国歌が流れるとマズイでしょう。北朝鮮と韓国は、お互いを『国家』として認めていませんから。

 

余談ですが、北朝鮮の場合、韓国と「優先順位」が違います。臨時政府とか檀君神話とか、そんなものを「部分的には認める」ものの、金日成を「始祖」とする北朝鮮が一番偉いとしているため、北朝鮮は臨時政府を継承しているとは主張していません。臨時政府より檀君より、金日成がずっと「上」ということになっています。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

145+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5