国民合意?

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

大統領府が、「518(光州民主化運動)」関連で北朝鮮の介入があったとか、暴動だったとか、その手の主張を「国民合意を違反したもの」と表現しながら強く非難しました。

国民合意って何でしょうね。国家間の合意も破ってしまう人たちが何を言っているのか、ちょっと考えてみました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

まず、この前お伝えした「518は暴動」発言の国会議員たちに対し、こう話しました。

<・・大統領府は11日、自由韓国党のキム・ジンテ、イ・ジョンミョン、キム・スンリェ議員の『5・18妄言』について「国民合意に違反する発言だ」と明らかにした・・>

https://news.v.daum.net/v/20190211222001800

 

他にも、文大統領は、保守派である自由韓国党の国会議員二人を518真相調査委員会から排除しました(随分前から真相究明やってますが、まだ終わってないみたいです)。詳しくは国会が推薦した国会議員の中で、二人を「拒否」したことになります。大統領には拒否権があります。

その国会議員たちの資格(真相調査委員会に入るための履歴など)が足りなかったこともありますが、そんなに資格未達ならそもそも国会推薦も得られなかったはず。大統領は二人を拒否した理由として「518に対して国民合意と別の主張をしている」としています。

https://news.v.daum.net/v/20190211182505632

 

私は、この人たちが、「国民合意」という言葉を「積弊」の反対語として使っているのではないか、な気がします。

前に勝った人たちの主張(またはその主張を有利にするもの)は「悪」であり、何があっても清算しなければならないものである。そのために持ち出したそれっぽい表現が、「積弊」。

今の勝者である自分自身の主張は「善」であり、何があっても否定されてはならないものである。そのために持ち出したそれっぽい表現が、「国民合意」。

いや、それを言うなら、朴槿恵氏を大統領にした選挙結果もある種の国民合意でしょうが・・

 

でも、もし後で右派政権が出来たら、いまの文大統領の言う「国民合意」は、「積弊」になってしまうことでしょう。

前からその繰り返しでした。韓国は。言葉を、表現を、それっぽいものから、別のそれっぽいものに変えただけで、ずっとその繰り返しでした。歴史においても「それっぽい」もの(本物ではない、それっぽいだけの偽物)しか無いですが・・

だから、嫌悪(ヒョモ)しか残りません。韓国社会に不変の合意があるとすると、それは「相手側を嫌悪すべきだ」という酷い合意だけではないでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

140+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5