文大統領「日帝時代の歪んだ権力構造を直すときが来た」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

ムン1号(文在寅大統領)が国家情報院(旧安企部)、検察、警察の改革を論じながら、「日帝時代の巡査」を言い出しました。

日帝時代に検察、警察が力で人々を抑えるやり方をし、それが今でも残っているという内容です。

聯合ニュースの記事から、部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・文在寅大統領は15日、「今年を、日帝時代を経て歪まれた権力機関の影を完全に脱ぎ捨てる元年になければならない」と権力機関の改革を強調した。

文大統領は同日、大統領府で主宰した国家情報院・検察・警察改革戦略会議の冒頭発言で「国家情報院・検察・警察は、ただ国民のための機関として新たに生まれるという覚悟をしなければならない。これは、政権の利益や政略的問題ではなく、民主共和国の価値を正しく立て直す時代の課題」と明らかにした。

 

文大統領はまず、「日本植民地時代の検査と警察は強圧植民統治を支える機関だった」と思い浮かべた。文大統領は「朝鮮総督によって任命された検事は、上官の命令に服従することになっていたし、警察も義兵と独立軍を討伐し、独立運動家を弾圧し、国民の考えと思想を監視し、統制した」と説明した。続いて「警察は刀を持った巡査という表現のように、国民の生死を握っていた恐怖の対象」とし「警察は光復後も日本の警察をそのまま編入させて制度と人的刷新に失敗した」と指摘した・・>

https://news.v.daum.net/v/20190215112124475

 

当時の朝鮮半島の巡査、基本的には朝鮮半島で「採用」したはずですが・・何を言っているのでしょうか。

余談ですが、朝鮮戦争のとき、北朝鮮軍の手先、俗にいう「赤い腕章」で恐れられる人たちもいましたが、彼らも基本的には「現地(北朝鮮軍に占領された地域)」の人たちで、元から北朝鮮軍にいた人たちではありません。

 

それに、「じゃ、併合されるまえはどうだったのか」を考えてみると、そもそも警察、検察、ちゃんとした裁判制度などがまったく無かったですから・・歪まれるも何も。

つか、なんで今年になって「元年」なんでしょうか。いままでは何をしたのでしょうか。とりあえず「いま」を「日帝時代」と同じだとして、「私より前」は全てを間違っていたもの=いま私がやることは正しいとアピールしたかったのかもしれません。

実際、文大統領はこうも話しています。「現政府では権力型の(権力乱用など)不正は一件も無いけど、まだ国民が満足する段階ではない」。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

132+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5