米議会がムンヒサン発言に懸念を伝えたが、文議長は無視した?

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

いまだ「(日米韓の)三角同盟」という儚い夢を諦めきれずにいる米国ですが・・12日、上下院共同発議で「日米韓共助決議案」というものがありました。

米朝首脳会談も近いし、一部では「不可侵宣言」も予想されている昨今。しかし、首脳会談が凄い成果を出すだろうとの予想は、そうありません。そんな状況を意識した側面もあるのでしょう。

ただ、読売新聞と時事通信によると、これは題は日米韓だけど、実は韓国への不満が表出されたものだ、とのことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

まず(読売新聞の報道をソースにした)いくつかの韓国マスコミによると、

 

<・・米国議会では、強制徴用賠償判決でさらに悪化した日韓関係と関連して、日本より韓国の対応がより原因だと判断したというものである。したがって、来る27〜28日にベトナムで開かれる第2次北米首脳会談を控え、3国の協力に亀裂が生じることを憂慮し、このような決議案を出したという説明だ・・

・・読売新聞は、米上下院の外交委員会で朝鮮半島政策を主導する議員たちの間では、昨年末に浮上した日韓レーダー葛藤と関連しても、韓国政府の対応に強い疑問を持っており、韓国側にちゃんと対応するよう促したと伝えた。

続いて、米国側ワシントン訪問中、日本軍慰安婦問題の解決には天皇が謝罪する必要があると発言したムン・ヒサン議長にも、懸念を示したと伝えた・・>

https://news.v.daum.net/v/20190214092256134

 

また、時事通信をソースにした報道では、日本外務省が同じ見解を示した、との話もあります。

<・・日本の外務省が、米国与野党議員が議会に提出した「日米韓共助」決議案について「韓国に対する不満を反映したもの」と説明したと、14日時事通信が報じた。通信によると、日本外務省の幹部は決議案について「表面的には韓米日の協力を呼びかけている内容であるが、実際には、米国内に積もりに積もった韓国の不満を反映したもの」と解釈した・・>

http://www.newspim.com/news/view/20190215000054

 

決議案の趣旨的に「〇〇が悪い」と言えず、「皆で頑張ろう」という形で決議案を出した、ということ・・になるのでしょうか。

さて、ここからは推測です。

本当にムンヒサン発言について米国側が懸念を示したとなると、ムンヒサンはその「懸念」を無視したことになります。

なぜなら、ムンヒサンが「なんで私の発言が問題になるのかわからない」「謝罪は無い」と話したのは、時系列的に、米議会の人たちと会った後になるからです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

147+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5