従韓、知韓になる

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

この前、韓国を「異常」なまでに褒めまくっていると紹介したエントリーがありましたが・・絵に描いたような「従韓派」、マイケル・ブリーンという人がいます。

そんな彼を一気に「知韓、韓国で言う嫌韓」に変えた出来事が、あのろうそくデモと朴槿恵大統領の弾劾でした。あのときからマイケル・ブリーン氏は韓国の民主主義を大いに疑うようになり、韓国社会に持っていた不信もまた、前より強い論調で述べるようになりました。

いつだったか、ろうそくデモを非難する彼のことが韓国のネットで叩かれるのを見て、私は「叩く人たちは、この人が(上にリンクしたエントリーで紹介した)あの『韓国人は偉い』コピペの著者だとわかっているのかな?」と、プッと笑ってしまったことがあります。

そんな彼が、新しい本を出版しました。「新しい韓国人」という題です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

専門書評家が、本のレビューを書きながら「国内に居住する外国人たちが書いた他の本のように韓国を全的に褒めるものではないので、読んでいて怒るかもしれない」と注意書きをする、そんな内容です。

本を読んだわけではないので(読む予定もありません)、本エントリーは本そのものの評価ではありませんが、紹介されている文章の中で、「暴民政治」という言葉が気になりました。一般的には「愚民政治」と言いますが、ニュアンス的に暴民のほうが合っています。

 

<・・韓国では「国民情緒」という概念が異例の力を持っている。国民感情は、民主韓国の神である。国民情緒は暴民政治を避けるために、檻に閉じ込めなければならないケダモノである・・>

http://www.econovill.com/news/articleView.html?idxno=356587

 

獣が暴れたところで、得をするのは誰でしょうか?その獣が得をするわけではありません。獣を街に解き放ったものが得をします。

誰がケダモノを解き放つのか?

さぁ。どうでしょう。大統領でもなければ議会でもなく、少なくとも「国家」と呼べる形をなした存在ではないのは確かです。市民団体のような、「国家」よりはずっと狭い、偏屈な、多様性に欠ける、そんな組織だと見たほうがいいでしょう。

民主主義も社会主義も、全ての主義主張というものは、とりあえず国家を維持することを1つの目標としなければなりません。

でも、この獣が存在するかぎり、民主主義か社会主義かを論ずる以前の問題になってしまいます。「国家と呼べるほどの複雑な集合体が維持できるのか」という、根本的な問題です。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

179+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5