韓国紙「日本が嘘をついている(に違いない)」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

ドイツで、河野外相とカン・ギョンファ韓国外交部長官の会談がありました。どうやら、「米朝首脳会談の成功を願う」以外は、同じ意見が1つも無かったみたいです。

そんな中、今日(16日)、日本では「河野外相が、天皇謝罪発言に関する日本の立場(謝罪と撤回)を伝えた」という報道が出ています。しかし、韓国外交部は「その件に関する言及は無かった」としています。

韓国では、「日本が、ありもしなかった(謝罪撤回)発言を、あったと嘘をついている」という報道が流れています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・私たちの(※韓国の)政府は、河野外相はムン・ヒサン議長の発言を言及しなかったと主張している状況であり、日本政府とマスコミが両者の対面でありもしなかった言葉を意図的に拡張させているのではないかと注目される。

最近、韓国政府は日本側が哨戒機の韓国海軍艦艇のレーダー照射と低空飛行事案で、問題を拡張させたり駄々をこねていると不満が高まっている状況だ。日本が、内容を公開しづらい両者会談の特性を悪用して、言ってもいないことを言ったと世論を糊塗しようとしている、とする仮定も可能である。日本のメディアだけではなく、政府まで、このような動きを見せているかぎり、韓日関係の信頼を回復するのは容易ではないであろう・・>

https://news.v.daum.net/v/20190216131806153

 

 

反日には右も左も無し、ですね(これは保守右派寄りとされるアジア経済の記事です)。

いつものこと、実にいつものこと、いままでずっといつものことだったし、多分これからもいつものことであろう、とりあえずいつものこと、

この主張には、「日本が『良からぬこと』をしたという仮定ばかり考え、韓国が同じことをした(外交部が嘘をついた)可能性は仮定しない」という欠点があります。韓国の日本関連記事に、「自己紹介お疲れ様」な記事が多い理由の1つです。

私は、河野外相が「言った」と見ています。なぜなら、「言わないとならない」状態だからです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

192+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5