一方通行

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

10日ぐらい前の記事ですが・・

まだ国会で決まった(法案が成立した)わけではありませんが、韓国の国会議員が、「日本など他国政府が、他国からの慰安婦訴訟の受付を拒否できなくする法案」を韓国の国会に出しました。

部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・ともに民主党ソル・フン議員は、日本軍慰安婦被害者等が提起した損害賠償請求訴訟で、日本政府の訴状の返送を防ぐ装置を用意した「国際民事司法共助法改正案」を代表発議したと明らかにした。

改正案は、日本など被送達国が不合理に訴状書類の送達嘱託を拒否すると、メール・領事送達嘱託、外交ルートを通じた送達などを通じて裁判を受ける権利を保障するという内容が核心です・・>

https://news.v.daum.net/v/20190208185100167

 

米国などには似たような法律があるとのことですが、それは他国が『不当に』拒否したときのこと。日本の場合、韓国で郵便でやらないで、日本国内で訴訟を起こせばいいだけのこと。

韓国が「送達」したという案件は慰安婦被害者たちが日本政府を相手に起こした訴訟で、日本は、ハーグ送達条約第13条に規定された「自国の主権や安全保障を侵害すると判断した場合」とし、これらを拒否しています。

 

それでもこのような法律を「日本政府」を名指しして出している理由は、2つあるでしょう。

「私ってば本当に善人」というアピールのため。「日本は韓国を拒否してはならない。韓国は日本を拒否していい」といういつものスタンス。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

174+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5