「日本政府のすべての機関が、韓国への制裁措置を具体化している」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

あいも変わらず、「日本が悪いで始まって安倍が悪いで終わる」韓国側の記事が乱舞状態です。

本エントリーでは、朝鮮日報の昨日(18日)の記事を一つ紹介します。

安倍総理が「選挙のために」強硬な姿勢を続けるだろう、民主党政権は通貨スワップを終了しただけだったのに経済制裁だなんて、在日韓国人が心配だ、などなどの内容でできている、韓国側の主張の詰め合わせセットみたいな記事であります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・安倍総理が先月6日、外務省をはじめとする各府庁に一斉に強制徴用賠償の対応措置を検討するよう指示してから、(※韓国への経済制裁の動きが)加速している。

東京の外交消息筋は「日本政府のすべての機関が動員され、韓国の制裁することができる措置を具体化している状況だ」と述べた。

安倍内閣のこのような動きは問題があるという指摘が出ている。政治的・歴史的な問題で状況が悪化したのに、関係のない経済で制裁を加えようとするのは、成熟した対応ではないという批判が多い・・

 

・・過去、韓日間で数多くの葛藤があったが、安倍内閣のように露骨に経済制裁を威嚇した場合はなかった。 2012年、李明博大統領(当時)が独島を訪問し、天皇の謝罪を要求して韓日関係が冷却された。これに対して、当時の日本の民主党政権は、同年10月に通貨スワップ協定を終了する対応措置をしただけだ・・

・・自民党を中心に議論される対応措置は、現実性が乏しいという批判が出ている。変数は、安倍政権が来る4月の地方選挙と7月の参議院選挙を控えているという点である。二つの選挙に勝つために韓国の強硬な雰囲気を追い込む可能性が挙げられる。

在日僑胞たちは、「目に見える報復措置」よりも「目に見えない報復措置」が怖いと述べている。東京の他の情報源は、「在日韓国人と短期滞在者を合わせた場合、約100万人の韓国人が日本に住んでいる」とし「日本の警察・国税庁・消防庁で韓国人に厳格に出た場合、その被害を計るにくいほど大きくなるだろう」と述べた。韓国の就職難で日本企業に就職しようとする若い層が犠牲になることがあるという懸念も広がっている・・>

https://news.v.daum.net/v/20190218030826207

 

いろいろ書いてはありますが・・記事を読み終わっての私の感想は「これだけ乱射して(いろんなことを書いて)、的に当たったのは一発も無いな」でした。

引用した部分にはありませんが、記事には、『韓国は三権分立に基づいて司法の判断を尊重しただけだ』という主張もあります。なのに、「国税庁、警察庁、消防庁が『厳格に』出る」を「被害」だと書くとは、これはもう論理展開もなにもあったもんじゃありません。

ある意味、とてもとても韓国らしい指摘だな・・とも思いました。

 

他に、まだ韓国では同じ内容の記事が見当たりませんが、

韓国政府が、いわゆる強制徴用被害者側の「新日鉄住金の資産売却(現金化)」にこれといって関与しない意向を示した、とのことです。いまさら韓国政府が(韓国の国際法違反状態をなんとかするための)なにかの措置を取るだろうとは思えませんが、日本語記事で短いですので、URLを載せます。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019021900701&g=int

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

175+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5