文在寅政権と臨時政府の共通点・・「民主主義」の前に『自由』の字が無い

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

1919年を3月1日に「政府ができたから」という理屈で3月1日を建国した日だと主張している大韓民国ですが、実は臨時政府の樹立記念日というのが別にあります。いままでは4月13日とされていましたが、なにか資料が見つかったそうで、「実は11日でした(テヘッ)」ということで、今年から4月11日となりました。

で、韓国大統領付が、今年の4月11日を「臨時政府樹立記念日」として、臨時の祝日(公休日)にする、とのことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・奪われた領土のあちこちで自主独立を宣言した万歳運動が起き、3.1万歳運動の精神は、4月11日、上海臨時政府樹立に繋がりました。国号を「大韓民国」と定め、「大韓民国は民主共和制とする」は、臨時憲章を公布した日です。

ムン・ジェイン大統領も2017年12月に「(憲法は)臨時政府の法統を継承するとそのように明示をしています。臨時政府樹立を大韓民国の建国に、建国の始まりだと見ています」と話しました。

青瓦台(※大統領府)が、今年の臨時政府樹立の仕事を一時的公休日に指定する案を推進することにしました。

3.1運動と臨時政府100周年を迎え、大韓民国の根は臨時政府という点を明確にし、無駄な建国節論争を終結させるという意味を込めました・・>

https://news.v.daum.net/v/20190220193041145?rcmd=rn

 

さて、どうでしょう。

臨時政府もまた、「自由民主主義」とは言っていません。臨時政府の綱領(規定)を見ると、「社会各層の知力と権力と富力の所有を均等にして国を振興し、太平を保全、維持」、「(私たちの国の土地制度は)私有制度を国有に還元しろという土地革命である。我が国は、昔の規則と新しい法を考慮して土地制度を国有に確定したものである」、「(臨時政府の独立宣言は)新しい民主制度を確立し、社会の階級を無くす第一歩の着手であった」となっています。

1945年12月17日の東亜日報より

 

皆さん、ご存知でしょう。北朝鮮も「民主主義」を主張していること。しかし、「自由民主主義」ではありません。現文在寅政権になってから、韓国の憲法から「自由民主主義」を「民主主義」に変えようとしている件も、前にお伝えしました。

韓国の憲法から「臨時政府」関連を消した人は、いままで朴正煕氏だけです(全斗煥大統領任期末に、いわゆる民主化勢力の猛攻で、復活しました)。朴正煕氏への評価は人それぞれだとしても・・なぜ彼が臨時政府を消さなければならなかったのか。すこし、わかる気もします。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

139+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5