安倍総理、レーダ照射問題で「各国の海軍は真実を知っている」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

安倍総理はレーダー照射問題について、質疑応答の形で「日米ともに軍の仕事をするプロなら、各国の海軍は皆、真実を知っている」とする内容の発言をしました。中央日報が「レーダー再び焚きつける安倍」という記事で紹介(?)しています。

<安倍晋三・日本総理は4日、韓日防衛当局が対立していた、いわゆる「レーダー照準(※照射)」問題と関連し、「海上自衛隊や米海軍など、海で軍組織で働く彼らはプロとしての連帯意識を持っている」、「プロは何が真実なのか、すべてを知っている」と述べた。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

安倍総理はこの日、参議院予算委員会で、「韓国の駆逐艦からのレーダー照射を受けた状況でも、自衛隊は録音と撮影を通じて映像を公開し、このような政府の対応に日本国民の80%以上が支持している」という、自民党・有村治子議員の質疑にこのように答えた。

安倍総理はまた、「哨戒機の火器管制レーダー照射は通常ではあり得ず、(海上自衛隊哨戒機は)いつミサイルが飛んでくる分からない状況に置かれていた」とした。彼は「私たちは、真実を語っており、真実を言う方が強い」とし「現場は真実が何なのかを皆、知っている。各国の海軍は、何が真実なのかを知っている」と改めて強調した。

海上自衛隊の対処については、「極めて緊張状況でも関係規則を守り、冷静で落ち着いて、また適切に対応したと思う」と評価した・・>

https://news.v.daum.net/v/20190304161650463

 

引用した部分にはありませんが、安倍総理は「真実を語る方が強い」とも話した、とのことです。

安倍総理の「極めて真っ当な」発言とは逆の意味で「印象的」だったのは、中央日報の記事がレーダー照射問題を「対立してい『た』」として過去形にしていることです。記事の題も「再び焚きつける」としていますし・・何も終わってないですけどね。

また、記事は有村議員を「極右団体『日本会議』所属だ」と紹介しています。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

175+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5