北朝鮮「米国を悪く言えない時点だから日本を悪く言っておこう」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

昨日、北朝鮮が労働新聞の論評で初めて「会談決裂」を論じました。もちろん決裂とは言わず、「合意文無しに終わった」としています。論調も、『あれー?どーしたのかなー?意外だなー?合意できなかったよー?』なものです。

ですが、そこには(引用した部分にはありませんが)「悪ふざけな島国民族ども」「日本だけが大喜びしている」と、敵意を日本に向ける内容が目立ちました。南のほうとよく似たような反応です。

ノーカットニュースから部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・内外は、会談が意外にも合意文が無く終わったことについて、米国にその責任があると主張するとともに、悔しさとため息をやめられないでいる」と(※労働新聞は)述べた。新聞は、「全世界が朝鮮半島での平和の過程が順調に流れて朝米関係が一日も早く改善されることを切に願っているのだ」と伝えた。

それとともに「唯一、日本の反動どもだけは、まるで待ち焦がれた朗報にでも触れたように、拍手を打ちながら、憎たらしく遊んでやがる」とし、日本に非難の矢を向けた。これは、今後の米朝協議の再開の可能性を念頭に置いて、米国への直接批判を控えるための、迂回の手段だと解釈される・・>

https://www.nocutnews.co.kr/news/5115887

 

この分析が合ってるなら・・韓国が「安倍のせいだ」と騒いだのは、労働新聞の比ではありませんでした。じゃ、韓国も「米国には悪口言えないから日本の悪口言っておこう」だったのでしょうか。

韓国の場合は、「善(韓国)が望むとおりにならなかったから悪(日本)のせいだ」と思ってしまう何時もの症状もあったのでしょう。

でも、政治家(特に政府)の立場としては、マスコミの「安倍せいだー」と騒ぎ流れが、実は大いに嬉しかったのではないでしょうか。

「米国の責任だ」でも、「北朝鮮の責任だ」でも、「文在寅のせいだ」でも、韓国政府は困ります。でも、「安倍せいだ」となると、韓国政府としては何も困りません。そんな流れをマスコミが作ってくれるから、こんなにうれしいことは無いでしょう。それとも、「作らせた」のでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

140+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5