「寧辺以外の核施設」の意味は、単に「別の施設もある」という意味ではない

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

東倉理(トンチャンリ)のミサイル関連施設が復旧されつつあり、寧辺(ヨンビョン)以外の核施設も稼働していること。

韓国内外で同じ内容の報道・報告が相次いだものの、韓国軍はこの件で公式コメントを出していません。違うなら違うと、事実なら事実だとすればいいのに、「監視している」「米軍と共助し~」などの、マニュアル的な内容だけでした。

ですが、KBSの取材結果、韓国軍もこれらの施設の存在をすでに把握している、すなわち「韓国軍も認めている」とのことです。特に、「寧辺以外」というのは、単に「寧辺以外の別の施設」を意味するものではなく、核開発関連の動きが北朝鮮で「同時多発的」に行われている意味である、とも。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<韓国軍当局が北朝鮮・東倉里のミサイル発射場が稼働状態に入ったことを把握しており、寧辺の核施設以外の追加の核施設の稼動を捕捉したことを確認しました。この施設でウラン濃縮が稼動していると把握している、とも言われています・・

・・寧辺のほかに追加の核施設が稼働中である、東倉里のミサイル発射場が復旧しつつある可能性も排除していない。複数の情報筋が、今日(11日)伝えた内容です。

この消息筋は、軍当局が東倉里ミサイル発射台の一部から復旧の動きを観察しており、寧辺以外の核施設、いわゆる「プラスアルファ」施設でウラン濃縮作業が進行中であることも把握していると伝えました。

この消息筋はまた、寧辺のほかプラスアルファの施設の範囲は、特定の地域に限られものではなく、WMD、すなわち大量破壊兵器の戦力全体を意味するものであり、北朝鮮で同時多発的な動きが出ていることを示唆しました・・>

https://news.v.daum.net/v/20190311213752925?d=y

 

ただ、一部で報道されている「ミサイル発射の動き」については、まだ言い切れないとのことです。

記事でも同じ趣旨を書いていますが、韓国軍当局が(複数のマスコミ報道で指摘されている)寧辺以外の施設の稼働、トンチャンリミサイル施設復旧などを「把握している(=それは事実だ)」との情報が流れたのは、今回が初めてです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

重版が決まりました!12日には産経新聞に広告が掲載されます

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

133+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5