「THAADのせいではない」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

韓国人は、何かの事案に対して、ほとんどの人が、似たような単語を使って、似たような返事をします。韓国社会が、「内容」ではなく、いくつかの特定のキーワードで事案を判断するからです。

これは、「字は読めるのに文章の内容が理解できない」人が多い、群集心理(群衆心理、個人の判断力を失うこと)が強いなどの、韓国社会の特徴とも似ていると思うのですが、どうでしょう。

韓国がいままで中国関連で自慢してきたこと、しかしもう昔話になってしまったこと・・例えば「中国でサムスンのスマホが売れた」、「大勢の中国人観光客が来てくれた」、「中国で韓国文化が大人気」などなどの事案に対しても、同じです。それらが何故「昔」のことになったのかについて、決まって「THAAD」というキーワードだけで、分析を終わらせます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

現代(HYUNDAI)自動車の中国での不振が続いています。車が売れないのはもちろん、工場が閉鎖、現地会社との連帯も怪しくなった、などなど、いいニュースがありません。生産能力を270万台まで上げたのに、その半分も生産していない、とも。中国の自動車市場そのものが一時の勢いを失いつつあつこともあって、もう再起は難しいのではないか、と言われています。中国現地の部品メーカーたちもちゃんと代金がもらえず、倒産のピンチにさらされています。

その理由でも大勢の韓国人が「THAADのせいだ(≒朴槿恵のせいだ)」ということにしていますが、実は、そうではありません。

 

聯合ニュースによると、「パートナー会社の人たちは、現代車が中国で無視されるようになったのは、THAAD配置に起因する韓中対立のせいだけではないと口をそろえた」、と。

彼らが指摘した現代の敗因は、台数です。本社に「◯台売れた」を報告するために、数が売れる安い車、小型乗用車ばかりを現地生産し、他の車は韓国から直輸入して高く売っただけだ、とのことでして。

現地に合ったラインナップやマーケティングを行った日本、ドイツ、そして技術力が向上した中国のメーカーがあるのに、わざわざ現代車を選ぶ理由が無くなったわけです。

https://news.v.daum.net/v/20190323150004808

 

ちょうど3年前、現代車は中国で絶好調で、5つ目の工場を作る、KIA抜きで販売店1000店突破(日本・ドイツメーカーが500~800店)などのニュースで賑わっていました。

https://news.v.daum.net/v/20150323084008990

 

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

重版が決まりました!

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

+138

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5