鳩山元総理、天皇発言を利用して(?)日本政治を批判

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

鳩山由紀夫元総理が、またもや韓国が主催するイベントに参加した「問題は日本にある」な主張を広げました。彼が彼の持論を韓国側のイベントで述べるのはもはや珍しいことでもありませんが、今回は天皇陛下の「痛惜の念」を持ち出し、まるでその発言を「利用」しようとする態度を示しました。

民間のイベント、引退した政治家という側面から、「政治利用のスタンスではないと思う」という見方もできるでしょう。この点については、別に「政治利用に間違いない!」と主張するつもりはありません。ただ、私は「政治的に利用されるとわかって言ったなら、それも政治的利用ではないのか」と思っています。

韓国の言う歴史問題というのは、いまでも政治的な側面が強く、特に韓国からは様々な形で政治利用されています。元総理とはいえ日本の総理大臣だった人が、天皇陛下の発言を、「これで自分に有利な結果になる」とわかって利用しようとした意図は無いのか。それが疑わしいところです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

※記事の「日王」表現は、あえてそのままにしました※

<・・鳩山由紀夫元総理は28日、「日本の政界が日王の韓日過去史認識を積極的に受け入れて謝罪を考えなければならない」と述べた。

29日に行われる「3・1運動100周年特別対話の場、韓日関係の新しい百年を模索する」イベントに参加する鳩山元総理は発題文(※論題をまとめた文。前もって今日発表したようです)で、「日本の政治家たちが、『痛惜の念を奉るべきだ』とした明仁日王の意を奉らないでいる」と自国の政界の自省を注文した。

それとともに、韓日過去史に対する日本政界と国民の認識の変化を注文した。内部自省を促す、このような言及は、日本の総理出身としては初めて出てきたものである・・>

https://news.v.daum.net/v/20190328181107139?d=y

 

韓国語記事直訳で「奉るべき」となりますが、そのような陛下の御言葉、ありましたっけ。「痛惜の念を禁じ得ない」だったと思いますが。鳩山氏がどうであれ、「日本の元総理が~日本の政治家は日王の発言を奉らないでいると~」というふうに、散々利用されることになるでしょう。

ちなみに今回のイベントは、「悪化の一途をたどっている韓日関係に対する危機感に両国の市民社会各界の代表約30人が集まって、両国の未来志向の発展の方向を模索するためのもの」だそうで、日本からは和田春樹氏、鳩山由紀夫氏などが呼ばれたそうです。

朝のエントリー「日本内部でも~」と同じ流れですね。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

重版が決まりました!

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

150+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5