整骨院ってなんぞ

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

さすがに、座っている時間が長いシンシアリーです(仕事だけでなく、遊ぶ時も座っています)。

今日、とある人物との何気ない会話で、ヘルニアとか腰が疲れるとかそんな話になって、相手の方から「整骨院とか行ってみたらどうですか?」と言われました。痛みが出るまえに、たまに行ってみるといい、と。

 

私「そういえば、整骨院って何をするところですか?」

相手「えっ、韓国には整骨院ありませんか?」

私「見たことありません」

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

相手の方いわく、「マッサージ店にも似ているけど、ちゃんとした資格を持った人たちがやっているところです。いいところ知っているので紹介します」、とのこと。私は、整体院や接骨院といえば、「医院」だと思っていたけど、そうではなく、代替医療の1つだったのですね。

 

そういえば、高橋留美子さん原作の「らんま1/2」は、Hなシーンが多すぎで修正が大変なことにはなったものの、韓国でもかなり人気作品でした。正式契約によるものだったのかどうかはわかりませんが、コミックの翻訳版もありました。

初期の登場人物の中に、確か主人公の女の子が憧れている男、という設定でしたけど、接骨院を運営する人がいました。いつも骸骨(接骨院で使うもの)を持ち歩いているのが印象的でした(笑)。その人、韓国語版では「韓医師(中医師のこと)」で、接骨院も韓方医院(漢方医院)ということになっていました。

 

韓国にもマッサージ屋はあります。でも、問題は、殆どが風俗店です。たまに、アメリカで韓国人が運営するセックスマッサージ屋が摘発されたりしますよね。あれと同じです。そもそも風俗目的で入る客がほとんどなので、どうしてもちゃんとしたマッサージを受けるのことは難しいです。

いつだったか、ちゃんとしたマッサージ技術を持っている中国やタイの人たちが、「マッサージ屋」とだけ聞いて韓国で就職し、ひどい目にあうというニュースもありました。

 

風俗マッサージが「悪い」ものだとは思っていません。ただ、普通の店との区別は必要でしょう。韓国では、普通の店はほとんど無くなったのではないか・・そんな気もします。

私がいた街だけかもしれませんが、歯科医師というのも「腰」関連の問題とは密接な関係にある職業でして・・韓国でも結構マッサージ屋を検索してみたけど、私が探しているような店はありませんでした。

明日、初めて、整骨院に行きます。どんなところなのか、楽しみです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

165+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5