見たこと無いまま

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

ある画像を1つ紹介します。

ある種のコピペみたいなもので、いくつかのバリエーションがあり、モザイクの部分には「町」、「(マンションの)同じフロア」など、コミュニティーを意味する言葉が入ります。一時、マンションのエレベーターなどによく貼ってあったそうです。

こう書いてあります。「うちの◯では、ほとんどの子供たちがお隣の大人たちに挨拶をしません。その理由は、学んだことはあるけど、見たことが無いまま育ったからです」。

大人同士で、まずはちゃんと挨拶しましょう。子供たちが見ています。そういう趣旨です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

旧ブログのとき、確か、韓国人は「配慮とは、他人が私にやるものであり、私が他人にやるものではない」と思っている・・そんな内容を書いた時だったと記憶しています。

「韓国の学校では、配慮すべきだとか、そんな内容を教えないのか」という趣旨のコメントがいくつもありました。

 

韓国は、教育熱がものすごい国です。いくら大学入試メインで教育が行われると言っても、幼かった時、学校で「他人に配慮すべき」「約束は守るべき」という内容はちゃんと教えられます。

しかし、それらの教えが、子供の中で「ああ、そうか。そうするべきなのか」と残ることができません。

いろんな理由があるでしょうけど、この「見たことが無いから」というのは、なかなか的確な指摘ではないでしょうか。子供は大人を見て、そのままを学びます。

 

子供にとって、学校で学んだことを、実生活の中で「見たこと」が無いとなると、その教えは「理論上のものにすぎない」ことになります。その教えが人の「身につく」ことは難しいでしょう。

「学んだことはあるけど見たこと無いまま育つ」。

挨拶だけでなく、様々な韓国の社会問題、いわば「積弊(本当の意味での)」にあたいすることではないでしょうか。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

153+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5