雑談もどき

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

新しい元号、「令和」は、韓国でも記事にもなっています。その記事のコメント欄を読んでみると・・・

心の曇った、しかも硬い男(整骨院で硬いですねーと何度も言われました)の私が読んだコメントですから、たぶん曇ったものしか見えなかったかもしれませんが・・その殆どは、何かのマニュアルでもあるのか?と疑わしいほど、共通する内容がありました。

前にも本ブログで同じ内容を紹介したことがありますが、「日本人は上に逆らうことができない」「王政を喜ぶ日本人」「日本は民主主義でもない」などの類です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国側がこの主張を強めているのは、安倍総理の執権が長くなってからです。

最初は「韓国を嫌うのは安倍など極右政治家だけ。日本国民は韓国に同調している」という主張がメインでしたが(いまも同じ主張が残っています)、自民党が選挙で続けて勝利するようになると、「日本人は上に逆らえない。だから韓国のような改革(ろうそくデモ)は出来ない」という主張が強くなりました。

今回の新しい元号にもそのような主張の変形として、「王政を喜ぶ日本人」「日本は民主主義ではない」という主張が目立っているのではないか、と私は見ています。

根幹にあるのは、「日本人は改革ができない。だから安倍内閣が続く」と同じだとみていいでしょう。

 

これは、単に、韓国人が日本の民主主義を「理解していない、理解しようとしない、理解してはいけない(理解するのは悪いことだ)」だけです。

ただ、韓国が日本に対して吐いているこれらの言葉が、実は「韓国の現状」ではないのか?という見方もできます。

 

韓国人ほど「王政」「元号」にこだわっている国もありません。韓国には王も元号も存在しませんが、「王もどき、元号もどき」ならあります。「大統領」という王と、「◯◯政権のとき」「◯大統領時代」という元号です。

テレビニュース、新聞記事、様々なメディアにおいて、韓国ほど「◯政権~」というフレーズを多用する国はそうないでしょう。なぜか?「彼らのせいだ」にする内容が多すぎるからです。

政権交代でも出来たときには、それはもう凄いことになります。「前の政権」は徹底的に「悪」「積弊」になり、現政権は徹底的に「民主主義の勝利」になります。もうこれで世の中がなんでもうまくいく!な雰囲気になります。

ちょうど私が韓国を離れたときにも、そんな雰囲気でした。

 

でも、不思議ですね。韓国という国に、改革が行われた歴史はありません。ただ、上下が入れ替わっていただけです。右派が勝つと右が左を徹底的に踏み潰し、左派が勝つと左が右を徹底的に踏み潰す。その繰り返しでした。

「王政もどきを喜ぶ韓国人」「韓国は民主主義ではない」「韓国人は改革ができない。だから上下が入れ替わるだけの政権が続く」

そう見ることはできないでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

195+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5