韓国、別の船舶でまた瀬取りの疑い・・前の抑留の米国の情報によるもの

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

またもや瀬取り関連です。

まずひとつ前のエントリーで紹介した船舶の件ですが、「米国が情報を提供した」となっています。また、一部のマスコミ報道によると、船長が北朝鮮との瀬取りを認めた、とも。

https://news.v.daum.net/v/20190403111801493

続いて、VOA(ボイス・オブ・アメリカ)が、韓国の「ルニス」号の瀬取り疑惑を指摘しています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国のルニス号は、すでに先月21日にも米財務部が公開した「こいつら怪しいぞリスト」にも載っていますが、26日にもまたおかしな動きが探知された、と。

以下、朝鮮日報の記事です。

 

<韓国籍船舶ルニス号は、大量の石油を積んで出港した後、中国の近くの公海上にとどまってから帰港するなど、不法換積(瀬取り)を疑わせる航海記録が確認された。ルニス号は当初の目的地として申告したシンガポール港にも入港していないことが分かった。ルニス号は先月21日、米国財務部の海外資産統制国(OFAC)が北朝鮮の瀬取りに関与したと疑われると公開した船舶リストに含まれていた。

アメリカの声(VOA)放送は2日(現地時間)、船舶の位置情報を示すウェブサイト「マリントラフィック」でルニス号の過去1年間の航海記録を調べた結果、この船舶が国内の港から出発して公海にとどまって、目的地の港に入港せず戻ってきたと思われる疑惑を提起した。

マリントラフィックによると、ルニス号は昨年4月11日、韓国麗川港を出発して、翌日、中国の上海沖で200kmほど離れた東シナ海公海上に位置を取った。以降、船舶自動識別装置(AIS)を通じた信号が捕捉されなかったルニス号は、3日後の15日に同じ位置で信号を送った。18日と26日にも同じ場所にいた情報が確認された・・>

https://news.v.daum.net/v/20190403102703998

 

入・出港記録などがメチャクチャになっているはずですが・・船長や会社の意向だけでこんなことができるのでしょうか。韓国当局はこの件を知らなかったのか、それとも知らなかったことにしているのか。

米国が警備艇を派遣した件とつなげて考えてみると、やはり「韓国側はこれといって動いていない」のは推測できます。

つい「やはり」と書いてしまう自分がいました。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

149+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5