今度はポンペオ長官が「開城工業団地と金剛山観光はダメ」というメッセージ

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

米国ポンペオ長官が、韓米首脳会談3日前の時点で「制裁緩和はダメ」と言いました。

インタビューの中では北朝鮮側だけでなく韓国側に対するメッセージもあり、迂回的ではあるものの、韓国側の制裁履行を圧迫する内容です。質問したCBS(米国の大手放送局)の記者が「開城工業団地」と「金剛山観光」を言い出した、とも。

国民日報の記事から、引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・マイクポンペオ・米国務長官は5日(以下現地時間)、CBS「ディスモーニング」に出演し、「韓米首脳会談で、いくつかの対北朝鮮経済制裁の緩和のための合意がなされるのか」という質問に「ドナルドトランプ大統領は明確な立場を明らかにしてきた」と話を始めた。

続いて「最終目標が達成されるまで、国連の対北朝鮮経済制裁が解除されないという政権の政策は非常にしっかりしている」と言い切った。

 

司会者が開城工業団地、金剛山観光再開を取り上げながら「韓国が一部の対北制裁の解除を要求することについて、米国が『No』と言うのか」と尋ねると、ポンペオ長官は「私は韓国の内のカウンターパートと多くの話を交わしている」と即答を避けた。また「私は彼ら(韓国)の情緒を理解する」とし「私たちは、経済制裁を履行するために緊密に協力してきたし、彼らがする部分について感謝している」と強調した。この発言も、韓国に制裁履行を圧迫するものだという分析が提起された。

ポンペオ長官は、メディアのインタビューという形で、韓米首脳会談で開城工業団地と金剛山観光再開の合意は難しいというメッセージを伝えたものと解釈される。対北制裁の緩和を得るためには、北朝鮮からのしっかりとした非核化メッセージをもらってこいと、韓国に督促したという観測もある・・>

https://news.v.daum.net/v/20190408040202351?d=y

 

CBS側が開城と金剛山を持ち出して聞いたのは、なかなか鋭い質問ではないでしょうか。この2つ、韓米首脳会談で文在寅大統領が持ち出すのかどうか注目されています。

もう覚えている人はそういないかもしれませんが、1ヶ月前、国家安全保障会議で文在寅大統領は開城工業団地と金剛山観光の再開を明言しました。

同盟国である韓国の大統領が1ヶ月前にドヤ顔で話した内容を、首脳会談3日前に米高官が「その話はやめましょう」とここまで強調しているわけです。実はこれがもっとも笑えない笑いどころではないでしょうか。

https://news.v.daum.net/v/20190304180301444

まさか、これでも文大統領が韓米首脳会談で「開城工業団地が~」と話すなら、それはそれで大したものですが。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

136+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5