朝鮮日報の「臨時政府100周年」社説

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国の反日思想はあまりにも多くの問題点を抱いていますが、その中でもかなり重要な部分は、その神聖不可侵さです。『反日を主張している』点より、『反日でなければならない』と主張している点がもっとも大きな問題である、と。すなわち、反日関連で特定の「設定」以外は認めないというのです。

臨時政府100周年(11日)ということで、朝鮮日報が社説(12日付)を載せました。主な趣旨は「なんでこんな大事な日に大統領は留守にしながら、記念演説の代読すら用意しなかったのか」という政府批判ですが・・・

本エントリーで扱うのはそこではありません。社説の中に、ある「設定」がはっきりと現れています。どんな設定なのか、引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・昨日は大韓民国臨時政府樹立100周年だった。 1919年3月1日、韓民族が一致団結して独立万歳を叫び、4月11日、中国上海で亡命指導者が大韓民国臨時政府を宣言した。歴史上初めて民主共和政を選択した。それから100年は「奇跡の歴史」だった。臨時政府が樹立されたとき、国民の多くは餓死を免れるだけで精一杯だった。窓のない土作りの家に暮らし、住宅街の溝に汚物とゴミが溜まって腐っていた。世界で最も貧しくて最も絶望的な植民地であった。解放後に6・25南侵に国土と国民が極端に破壊される惨劇まで経験した。

 

しかし、全国民が一つになって信じられない底力を発揮した。大韓民国の経済発展の歴史は、今振り返ってみると、一日一日がすべての奇跡のようだ。 1950年代半ばの60ドルだった1人当たりの所得は昨年3万ドルを超えており、国家経済規模は、世界11位に上がった。人口5000万人を超える国の中、所得3万ドルを超えた国は、世界7カ国だけである。大韓民国以外の残りの国は、すべて過去の帝国だった。私たちは、産業化に成功した後、民主化まで成し遂げた。 100年前の日本の弾圧を避けて、外国に臨時政府を立てるしかなかった指導者たちは、この奇跡のような祖国の繁栄を想像できなかっただろう。先烈たちが今日の大韓民国を見ているなら、感激の涙を流すだろうと信じて疑わない・・>

http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/04/11/2019041103768.html

 

「大韓『帝国』」がきれいさっぱり無かったことにされているのはともかくして・・

2分でまとめると、社説が書いている朝鮮半島の苦しい姿は、「植民地弾圧」ではありません。大嘘です。むしろ、そこから合法的併合という形で朝鮮を救ったのが、日本です。

この「社説」という形をしている大嘘が、保守を名乗る朝鮮日報ですら、「神聖な領域」であること。

それが韓国の総意、反日という宗教もどきです。

 

 

 

※旧ブログのときからの読者の方々には説明不要かもしれませんが・・併合時代の朝鮮の発展について、本ブログは「THE NEW KOREA―朝鮮(コリア)が劇的に豊かになった時代(とき)」という本をお勧めしております。この本の邦訳版が出たことには、本ブログもちょっっっっっっっとだけ縁があります※

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

154+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5