韓国の5G、利用者の不満が爆発寸前の模様

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

「データ使用量、月1GB未満」がシンシアリーのスマホライフなんで、大して興味はありませんが・・スマホの4G(LTEも4Gの一種です)の次の通信規格の「5G」というものがあるそうです。

この5Gが、韓国ではかなり話題になっています。韓国は、スマホになるまでは、携帯でネットをするインフラがありませんでした。でも今は普通にスマホでネットできるし、LTEも普及しているので、そんなに5Gを急ぐ必要があるのかな・・な気もしますが、いつもの「世界最初だ!韓国凄い!」病のせいもあって、しばらくのあいだ、韓国では5Gが話題になりました。

そして最近は、別の意味で話題になっています。やっと5Gにしたのに、ちゃんと動かないというのです。遅いし、切れるし、高い、しかもなぜか4Gもパフォーマンスが低下している、と。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・国内移動通信3社4月3日の夜11時、世界初というタイトルを掲げて一斉に5G商用化を宣言した。米国の携帯電話会社Verizonとの熾烈な気づい戦いで、紆余曲折の末、韓国が世界初5Gサービスの商用化タイトルは守ったが、初期ユーザーの不満は、あちこちで現れている・・

・・5G初期利用者の不満は加重されている。4Gユーザーの間で「有料ベータテスター」、「人が良すぎる5Gユーザー」という言葉も登場した。しかし、KTをはじめとする移動通信3社はいまだ超能力、超時代を叫んで、5Gは新しい時代に導く革新的な技術だと強調する。聞きたい。いつまでユーザーは人よしでなければならないのか。5Gは爆発(※パッと繋がるという意味)せず、利用者のイライラは爆発しそうだ。>

https://news.v.daum.net/v/20190417130031397?d=y

 

現在、ソウルと広域市(大邱、釜山など)を中心に、約10%の地域で5Gが常用化されているとのことですが、早期加入者たちの満足度は最悪だ・・とのことでして。いくつかの記事からまとめてみます。

・実際に使ってみるとLTEより遅い(各種サイトやブログなどで検証済み)

・5Gが切れやすい

・高い(1円=10ウォンにして、いままでで約6千円の料金プランを使っていた人の場合、似たようなプランで9千円以上かかる)

・「あなたの住む済むは5G通信がうまくとどかない場所です。契約のときにあなたも同意したことになっています」といわれる

・高いプランで加入したのに、解決策として「LTE使用を推薦する」と言われる

・通話品質、データ通信が激しく低下するときがあり、一部では「スマホの故障かと思った」ほど。スマホの機種には関係ないため通信インフラの問題

・通信会社は否定しているが、既存の4Gの品質も低下することが増えた。5Gインフラを増やした分、4Gを減らしたのではないかと疑う人が多い

・政府機関が対策を要求したものの、通信会社側は「いまはどうしようもない」とも(ハンギョレ新聞4月16日)

 

さて、どうでしょうねぇ。

有線インターネットとパソコンでも、処理速度が~ネット速度が~容量が~という話をずいぶん聞かされたものの・・結局、そんな話に飽きた頃、私が求めていたのは、「どこにいても、納得できる価格で相応の安定さと速さを利用できるインフラ」です。

早くなるのをやめろと言うつもりはありませんが、日本はもっとちゃんと準備して、安定したスタートを切ってほしいものです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

136+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5