聞いたこともない人たちが「日帝が恐れた人物」と次々と登場

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

キム・ウォンボンのことを何度かエントリーしましたが、実は、私はキム・ウォンボンという名前を知りませんでした。

随分前に「光復軍の幹部で、北朝鮮に越北(※)した人がいる」という内容は小耳に挟んだことがありますが、名前を知るのは初めてでした。

※自分の意志で北朝鮮に渡った人たちを「越北者」、強制に連れ去られた人たちを「拉北者」と言います。北朝鮮は日本人拉致被害者の存在は認めているけど、北朝鮮にいる韓国人は全員が越北者(自分の意志で来た)だと主張し、拉北を主張していません※

「日帝が何より恐れた」などのフレーズで英雄化が進んでいるキム・ウォンボンですが・・今度は「日帝がキム・ウォンボンよりも恐れたホン・ボンド!」という記事が上がってきました。

ホン・ボンドという名前も、初耳です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

わざわざ引用するほどの番組(※ソースはラジオ番組で、韓国ではまだまだラジオ番組が強い影響力を持っています)でもありませんが、内容を適当にまとめてみます。

とにかくホンボンドという人の指揮で日本軍に何度も大勝利したことがある。遺体はまだ外国にある。もっともっと記念事業を広げるべきだ。ちなみに私(出演者)はホン・ボンド記念事業会の理事長あります、というものです。

https://news.v.daum.net/v/20190419202100117?rcmd=rn

 

他にも警察署に爆弾を投げたとかでイ・ジョンチャンという人の名前が出てきますが、同じく、聞いたことがありません。

併合時代に抗日活動をした人たちの記念事業会などをつくって金儲けしていた人たちが、キム・ウォンボンの影響もあって、「実はうちの人がもっとすごいよ!」な展開を夢見ている・・そんなところじゃないでしょうか。そもそも、キム・ウォンボンの話からして、妄想ですし

彼らからすると、「聞いたこと無い」は、有利なことかもしれません。「保守親日政権が歴史を消した!」と主張できますから。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

130+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5