トランプ氏の訪韓のためにも南北首脳会談が必要な韓国・・しかし、北は返事なし

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

15日、2分会談から帰ってきた文在寅大統領は、南北首脳会談を提案しました。

「南北首脳会談を推進する環境が整いました。北朝鮮の都合さえよければ、場所や形式にこだわらず、南と北が向かい合って~」という、かなり露骨なラブレターでした。

しかし、5日が経っても、北からは何の返事も無いとのことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<文在寅大統領が4回目の南北首脳会談の開催を公開的に提案したものの、北朝鮮は何の反応も見せていません。まずは露朝首脳会談に集中した後、その結果を持って動くだろうという期待も大きいですが、南北首脳会談の推進が霧散されたばあい、仲裁者としての私たちの政府の立場にも打撃が避けられません・・(今日、YTN)>

https://news.v.daum.net/v/20190420055701200

 

1つ注目すべきは、韓国側が想定している、トランプ大統領の訪韓・韓米首脳会談のタイミングです。

普通に考えると、南北首脳会談をやって、それから文大統領がトランプ大統領と会って、南北首脳会談で話し合った内容を伝えるべきだと、私は思っています。それが無いと、また約2分しか話すネタが無いでしょうから。

 

でも、韓国は「早ければ来月に」トランプ氏の訪韓を推進すると発表しています。だから、15日に急いで南北首脳会談を提案する必要があったわけです。

でも、北朝鮮はロシアとの首脳会談(今月中とされています)で忙しい時期です。万が一、北朝鮮が文大統領のラブレターに応じるとしても、ロ朝→南北→韓米首脳会談と、すごくハードなスケジュールになってしまいます。

 

なんでこんなに慌てているのか・・実は、トランプ大統領が来月、訪日するからではないでしょうか。単に日本の次に韓国に訪れると日程が楽だから・・というのもありましょうけど、韓国のことですから、それだけではないはずです。

「令和」初の国賓として訪日するトランプ大統領。その日米首脳会談を意識してのことではないでしょうか。

日米首脳会談と、この前の「2分会談」が比べられることを防ぐため。日米首脳会談に、「韓米首脳会談のほうが役に立った」をぶつけるため。

せこいなおい!ってところですが、韓国ですから。

逆に考えると、来月まで南北首脳会談が開催できないと、トランプ氏は韓国を訪れない可能性が高くなります。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

141+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5