さらば、「未来志向」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

いまさらですが、日本の総理の公式発言、外交青書、外務省のHPなどで、韓国に関する様々な修飾語(飾り?)が消えていきました。やはりいちばん記憶に残っているのは、「価値観を共有する」が消えたことですね。

それからもっとも最近のことは、安倍総理の1月22日の国会施政演説から「韓国は戦略的利益を共有する最も重要な隣国」が消えました。1月の演説では、「今までの両国間の国際約束、相互信頼の蓄積の上に未来志向的に新しい時代の協力関係を深めていく」となっていました。

そして、ついに外交青書から、「未来志向」が消えた、とのことでして。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・2019年版(日本の)外交青書には、昨年10月に韓国の最高裁の日帝強制徴用の賠償判決の後に悪化した両国関係が反映され、日韓関係が後退したという内容が盛り込まれた。2018年版に盛られた、管理継続のための、未来志向的に発展させなければならないという内容は、削除されたことが分かった。

また、韓国政府の和解治癒財団(※慰安婦合意による財団)解散方針発表・韓国海軍艦艇と自衛隊哨戒機との間のレーダー照射論議などを言及、「韓国側による否定的な動きが相次いで続き、非常に困難な状況に直面した」とした・・>

https://news.v.daum.net/v/20190423122406733

 

個人的に、消えた部分よりも、「韓国側による」という部分がもっと意味があるのではないか、と思っています。

さて、こんなニュースが出てくるたびに、「日本が韓国を格下げした」「韓国を挑発した」「安倍が韓国を冷遇している」などと騒ぐ韓国ですが・・今回はどんな反応を見せるのか、見なくても分かるからむしろ見てみたいきもします。ブログ更新的にも。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

158+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5