国会議長ムン・ヒサン、セクハラ疑惑

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

本ブログでは「ムン3号」で通じる(1号大統領、2号大統領特別補佐官、3号国会議長)、国会議長ムン・ヒサン。

国会で騒ぎが起きて、なんと病院に運ばれ、なんとセクハラ疑惑まで提起されました。「セクハラです」と言われてもなお、女性議員の腹と顔(頬?)を両手で触ったそうです。

まず、なんで国会で騒ぎが起きたのかというと・・しょっちゅう起きるから別に珍しいことでもありませんが・・「選挙制度改定」と「高位公職者不正捜査処の新設」などで、ファーストトラック(立法手続きを簡略にすること)を適用することになったからです。自由韓国党は強く反対し、国会議長室で喧嘩になりました。

ここからは記事を引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・韓国党議員たちがムン(ヒサン)議長が議長室から出るのを止め、ガードたちがムン議長を保護しようとして、議長室はあっという間に修羅場になった。

この衝突の過程でムン議長のセクハラ疑惑まで出てきた。ソン・フイギョン韓国党議員はこの日午前、党緊急議員総会で「ムン議長の立場(意見)を改めて要求したが、ムン議長がイム・イジャ議員(※女性議員です)の腹部を両手で触った」と明らかにした。

 

ソン・フイギョン議員は「イム・イジャ議員が『こんなの、セクハラです』と(ムン議長に)強力に抗議したが、(ムン議長は)『じゃ、こうすればいいのか』と再び両手でイム議員の顔を包み撫でた」と述べた。

続いて「イム議員が再度抗議し、警告したにもかかわらず、ムン議長はよどみなく、またイム議員の顔を両手で触った後、急いで議長室から出ていった」とし「ムン議長は言葉で表現するのは難しいセクハラで(イム議員に)深刻な侮蔑感を与えた」と述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20190424163302983?f=p

 

ムンヒサン側はセクハラ疑惑を否定しています。その後、ムンヒサンもイム議員も、病院に運ばれました。ムンヒサンは「ショックと脫盡(※気力が無くなること)」、イム議員は「羞恥と性的侮蔑感」が病院行きの理由だそうです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

138+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5