「気争い」とは・・・プーチン氏30分遅刻、金正恩氏1時間遅刻

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

いつも首脳会談会場に「遅刻」することで有名なプーチン氏。たぶんわざとやっているのでしょう。安倍総理と朴槿恵大統領も1時間以上待たされたそうですが、ドイツのメルケル総理は4時間以上待たされたこともあります。

今回の金正恩氏との首脳会談ですが・・プーチン氏が30分遅刻したものの、金正恩氏が1時間遅刻して、プーチン氏が待たされた、とのことです。金正恩氏の宿所は会談場所のすぐ近くだったとか。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<ロシアのプーチン大統領と金正恩・北朝鮮国務委員長の両方が、露朝首脳会談の場所に遅れて到着したことが分かった。普段も遅れて到着することで有名なプーチン大統領より、金正恩はさらに30分遅く到着したことが分かった。一角では、気争い(※기싸움、場の主導権争い)を繰り広げたのではないか、という観測が出ている・・>

https://news.v.daum.net/v/20190425143813433

 

一部のマスコミで「プーチン氏が会場の入り口で金正恩氏を迎えた」と記事が載ったから、これはこれで金正恩氏からすると嬉しいことかもしれません。

でも、遅刻で気争い(主導権争い)をするような仲なら、会って会談しても大した結果は期待できないのでは・・・な「気」もします。

 

さて、本題は首脳会談ではなく「気争い」ですが・・日本でも気争いという言葉があるのでしょうか。

韓国では、会談や会議などでも、話し合いが始まる前から、相手に負けないためにも相手を困らせるべきだとし、態度を傲慢にしたりします。例えば、相手が「低い椅子を用意する」と、「相手が私の気を折ろうとしている!」、すなわち何かの攻撃だと認識されるわけです。そういうのを「気争い」といい、そこで勝ってこそ他の人より多くのものが得られる・・・と思い込む、そういう風潮があります。

 

韓国では、子供が大はしゃぎして遊ぶのを止めたり叱ったりすると、「なんで子の気を折るのか」と文句を言われます。おとなしい子は、将来、気で勝つことができなくなる、と思っているからでしょう。「約束場所にあえて遅れて到着する」も、古くからの気争いの1つでした。

個人的に・・・気争いで勝とうが負けようが、約束時間をわざと守らない人とは、他のどんな約束もできる「気」がしません。ビジネスパートナーとしては、なおさらです。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

155+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5