パッシング、バッシング、ナッシング

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

実は、最初は「バッシング(批判)」と「パッシング(蚊帳の外)」の区別もできなかったシンシアリーですが・・なんたらバッシングとかかんたらパッシングとか、そんな表現をよく見かけます。

傑作だったのは、韓国と、そして一部の日本のマスコミが、日本を「パッシングされている」と熱を上げていた頃です。南北首脳会談(板門店会談)を前後してのことだったと記憶しています。

拙著にも書きましたが、あれは表面的には「朝鮮半島の平和ムードに同調せよ」というものでしたが、実は「日本よ、北朝鮮への制裁を緩和したいと米国に言え」という要求だったわけでして。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

それから、実はパッシングされていたのが日本ではなく韓国、ムン1号(文在寅氏)だということが明らかになるにつれ、日本パッシングという表現はあまり見かけなくなりました。

しかし、それからも「実は韓国がパッシングされている」とはなかなか言わない韓国のマスコミであります。朝鮮日報など一部の保守派新聞がそう書いてはいますが、それも現状をちゃんと把握してのものか、それともただ現政府を「『バ』ッシング」したいだけなのか・・

そんな中、ご存知、ロ朝首脳会談がありました。私はこの件、会談の内容についてはまだなんとも言えませんが、金正恩氏がロシアと首脳会談をやったことそれ自体だけでも、北朝鮮の外交としては意味があることだと評価しています。

しかし、それは北朝鮮にとってのこと。「韓国としては喜ぶことではないのに、あまりにも好意的に捉えた記事が多い」とも思っています。

 

韓国側の基本的な論調は、今回の首脳会談は、「ロシアがパッシングされていたから」行われていたものだとしています。そこから「ロシアも朝鮮半島の平和ムードに入ってきた!」とでも決めつけているのでしょうか。

言い換えれば、文在寅大統領という運転手がいて、その車にロシアも乗ってくれた、乗客が増えた、そういう認識のようです。

しかし、果たしてそうでしょうか。ロシアの動きそのものを「コリアパッシング」だと見ることもできるはずですが。

 

数は少ないほうですが(無くはありません)そういう論調の記事もあります。16日のものですが、ファイナンシャルニュースの記事を1つ紹介します。

<・・最近、金委員長が友好国である中国・ロシアと緊密に連携することも、私たちの政府としては好材料ではない。対北朝鮮制裁で経済難が極に達した北朝鮮が中・ロと協力すればするほど「南・北・米という枠組み」が揺れる可能性が高くなり、最終的には「コリアパッシング」、米朝が直接コミュニケーションする可能性もある。

金委員長は、米国と貿易紛争を繰り広げている中国ではなく、ロシアに集中すると思われる。金委員長の「ロシア訪問説」が出てきているのも、同じ脈絡だ・・>

https://news.v.daum.net/v/20190416165448075

こういう論調がもっと増えるべきだと思いますけどねぇ。そうありませんねぇ。大統領の支持率が下がっても上がっても、北朝鮮に対する外交路線だけは高い評価が多いですし。

サウスコリアは、パッシングやバッシングを超え、「ナッシング(NOTHING)」に向かおうとするのでしょうか。スーパーイマサラキックですが。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

150+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5