韓国党解散47万:民主党解散2万5千・・熱い(レベルは低い)戦いが続く

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

ただえさえレベルの低い戦いが、日々暑苦しなりつつあります。

今朝お伝えした「自由韓国党の解散」請願が47万人を超えましたが・・

今度は「『共に民主党』を解散してくれ」という請願が登場、1日で2万5千人7千の賛成を得ている、とのことです。

※ソース記事ではそれぞれ「42万」「1万7千」となっていますが、データは47万と2万5千が最新のもになります。

https://news.v.daum.net/v/20190429154003620?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「好きにやってろ」な事案ですが、こういうのに無駄に熱くなり、恨(ハン)に包まれるのが韓国社会です。これからさらにヒートアップするかもしれません。

さて、少しだけ考えてみると・・今朝は大統領府のHPがちゃんと機能してなかったこともあるし、単純比較は難しいにしても・・47万(1週間の集計):2万5千(1日だけの集計)というデータだけで考えると、「韓国党解散」のほうが圧倒的に支持されていると言えるでしょう。

しかし、共に民主党の政党支持率は38%、自由韓国党は31%です。なんでここまで『格差』が広がったのでしょうか。

 

・「自由韓国党支持者の中には、請願などではなく、自由民主主義らしく選挙で勝負すべきだと考える人が多い」のでしょうか?いや、それはありません。ありません。ありません。詳しく書けないけど、ありません。韓国社会は、左右ともにこういうクダラナイ勝負に真剣に熱くなります。

 

・高齢者に保守が多い韓国ですから、「韓国の高齢者はネットとかあまりやらない人が多い(2012年基準で韓国の50~60代のネット利用率は32%。日本は73.6%)」からでしょうか?

(参考URL)https://news.v.daum.net/v/20130101031604703

いや、でも、これも違います。最近は若い人たちも大統領や与党を支持しなくなりました。

 

・「自由韓国党支持者の中には、単に『民主党が嫌いだから自由韓国党を支持しているだけ』(請願などの事案に積極的に関わろうとしない)の人が多い」というのはどうでしょうか。いわば、右が嫌いになった→左を好きになってやる→左が嫌いになった→右を好きになってやる・・の繰り返しの人が多いという考え方です。または、「韓国党支持ではあるけど、まだ何とも言えない」な人が多い、とか。これは、部分的には理が通っているのではないでしょうか。

 

・最後に、韓国得意の「ネット操作」がうまい勢力が、共に民主党派である、と。物証はありませんが、心証ならあります。

余談ですが、いままで韓国大統領府請願の最高記録は、119万人賛成でした。ソウルで起きたネカフェ(PCバン)殺人事件の犯人を、心身微弱を理由に減刑してはいけないという内容の請願でした。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

120+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5