元日本領事、「用日」を語る

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

元日本領事(名古屋領事)だったユ・ジュヨル氏が、「不忘過去用日未來」と主張しました。過去を忘れないで、未来のために日本を利用しようというのです。

<・・過去は忘れず、未来のために日本を積極的に活用する「不忘過去用日未來」を新外交戦略として提案したのだ。

彼は(※ユ・ジュヨル氏)、中国が過去に韓国を東方礼儀の国としたのは、韓国が中国の言うことをよく聞いたからではないだろうかと、このような過去の中国の目で日本を見るのではなく、米国の目で、日本と私たちを見なければならないと強調した>

http://www.worldkorean.net/news/articleView.html?idxno=34184

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

いまの韓国の立場からして、米国の視点で日米韓の現状(韓国が決定的に足並みを乱している)を見るのは確かに必要なことです。

ただ、読んでみて微妙なのは、「そのためになんで日本を活用する必要があるというのだろう」でした。

 

すこし調べてみたら、別ソースで同じくユ・ジュヨル氏はこのように話しました。

<・・中国と米国の間にはすでに(※経済紛争のことで)鐵の障壁ができてしまった・・(略)・・民主主義と自由市場経済の価値を共有する日本と一緒に未来を考えて、中国とは社会体制が異なるものの、求同存異(※少し異なるが、大きな同じことを求めている)の立場で戦略的協力パートナー関係を維持していくべきだ・・>

http://www.worldkorean.net/news/articleView.html?idxno=33541

 

ユ・ジュヨル氏は、6年間の名古屋領事のあとは、9年間中国で総領事に就任していました。今回の発言も、中国で勤務していた人たちが集まった場でのものだった、とのこと。調べれば調べるほど、「あ、この人、親中派だな」とすぐわかります。

すなわちユ氏は、韓国がいう「バランス(実は米国・中国両方からいいとこ取りしたいという願望にすぎませんが)」のために日本を利用しよう、という趣旨で用日を語ったのでしょうか。

日本と表面的に良い関係を築けば、韓国が米国から離されることも無くなり、安心して中国に接近できる、と。

 

・・・ですが、氏は知っているのでしょうか。まさか知らないはずはないと思いますが。

氏がソース記事の『価値観の共有』を語ったのは今年2月。

日本外務省のHPから「(韓国は)価値観を共有する~」が削除されたのが2015年のことです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+141

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5