最終的な「現金化(売却)」は、いつできるのか

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

1つ前のエントリーからの続きになります。

マネートゥデーのヒャッハー記事だったかもしれないと少しは思っていましたが、京郷新聞や聯合ニュースなど複数のメディアに記事が載り、どうやら現金化プロセスに突入したのは間違いない事実のようです。

じゃ、いつ現金化が終わる(実際に現金になる)のかというと、「3ヶ月はかかる」とのことです。なぜそんなにかかるのかというと、原告団が裁判所に「差し押さえた資産を売るように命令(売却命令)してくれ」と申し込んだからです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

今度は聯合ニュースから引用してみます(といっても前のエントリーのソース記事と同じ内容で、引用する部分が違うだけですが)。

<・・原告代理団が売却命令を申請したことにより、裁判所は、当該資産の鑑定と尋問などを経て、売却するかどうかを決定することになる。

非上場の株式価値を正確に鑑定するためには時間が必要であることなどを考慮すると、売却には、少なくとも3ヶ月程度かかる見込みだ。

 

代理人団は最高裁確定判決の後も債務の履行をしていない三菱重工業に対しては「財産明示申請」を出した。

三菱重工業も最高裁判決により、強制的に徴用被害者に賠償が決定されたが、何の措置をしていない。商標権の特許権等の知的財産権が差し押さえされた状況である。

今回の申請により、三菱重工業は、裁判所に財産目録を提出しなければならず、これに従わなければ債務不履行者リストに登録されるなど、不利益を受けることになる・・>

https://news.v.daum.net/v/20190501173352542

 

いまさら韓国の裁判所が「売却できない」と判決を下す可能性はほぼありません。もはや「韓国政府が何かの措置を取るべきだ」とする時期は過ぎました。「日本企業に実際の損が発生したら措置をとる」とする時期も過ぎました。

もし日本政府内に、「まだ3ヶ月残っているから、3ヶ月『後』に結果を見て何かの措置をとる」スタンスを取る人たちがいるなら、それは間違いです。3ヶ月後に結果が出るのではなく、結果まで3ヶ月かかるプロセスが始まっただけです。日本政府が考えている「何かの措置」を、この3ヶ月の間に取るべきであるとシンシアリーは思っています。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+162

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5