韓国中高生の27.1%、「2週間にわたって日常生活ができないほどの鬱状態」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

急に別のテーマになりますが、ちょっと気になるデータがあったので、紹介します。

「青少年がネットのやりすぎで大変だ」「青少年の~%が自殺を考えたことがある」「青少年の憂鬱がヒドイ」などのニュースをよく見かけますが、ちょっとその重さが「伝わってこない(記事を読んでも肌で感じられない)」のも事実です。

それらのデータの重要さを全否定するつもりは蚊の後ろ足ほども(「少しも」)ありません。ただ、最近はネットやったり、鬱を感じたりすることがそう珍しくなくなったので、「世の中の楽しみ方、受け取り方、考え方が変わっただけではないのか」な気もします。

 

人の頭数の問題ももちろんデータとして大事ではあるけど、本当に深刻な人たちを区分して考える知恵も必要ではないのか、私はそう考えているわけです。

そんな中、韓国の話ですが、「2週間、日常生活を中断するほどの悲しみや絶望を感じた中高生の割合」という、なかなか気になるデータがありました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・中高生のうち、2週間にわたって日常生活を中断するほどの悲しみや絶望など憂鬱を感じた割合は27.1%で、前年より2.0%ポイント増加した。

憂鬱感を経験した割合は、中1男学生が16%で最も低く、高3女学生が36%で最も高く、学年が上がるほど、また女子学生であるほど高いと集計された・・>

https://news.v.daum.net/v/20190501171008990

 

小中高校生の73%が私教育(塾など)を受けているというデータも凄いですが・・それとも関連しているのでしょうか。

2週間も日常生活を中断する・・・となると、さすがにこれは「もっと大きく報道されるべきではないかな」と思わずにはいられません。

余談ですが、シンシアリーも高校生だった頃、成績が思ったように上がらなくて自殺を考えたことがあります。痛そうでやめました。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5