「正常な日韓関係」とは

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

本ブログ的に面白い(それ以外的には「面白くない」ですけど)記事を見つけたので、紹介します。

正常な日韓関係とはどんなものでしょうか。日本が親韓になり、韓国が親日になることでしょうか。そうなれるならなれたで嬉しい気もしますが、違います。ちがうというか、ちょっと気持ち悪い感じもします(笑)。

反日は、劣等感です。善悪論など様々なものを道具にして絶対的な上下関係にこだわる、人類史上もっとも哀れな「甲乙中毒」と言えましょう。

そう考えると、まずは「韓国は日本に~をしてもいい。日本は韓国に~をしてはならない」とする考えがあるかぎり、まず「外交関係」は無理です。韓国がこの歪んだ、そして身勝手な上下関係から抜け出すことができたら、そこから正常な日韓関係の第一歩が始まると見ていいでしょう。

不思議なことに、私とは真逆の主張をする人たちでも、この「両国の外交は対等な関係であるべきだ」という趣旨には同意しています。ですが、問題は、『基準点(零点)』が違います。

同じく「国家関係は対等であるべき」を認めながらも、なぜか私(本ブログ)とは逆の結果を主張する、ソ・スン氏の日韓関係論を紹介します。ソ・スン(徐勝)氏については、漢字名で検索してみてください。韓国では(主に人権関連で)そこそこ名の知れた人です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<(※現状の日韓関係において、懸念される様々な事案を書いた後)・・このような状態を置いて「韓日関係が異常だ」とし、国内の一部の政治家と官僚、学者たちは、韓国も間違いを認めて韓日関係を正常化しなければならないと主張する。じゃ、韓日関係は正常だったのに、韓国の過ちで異常になったといのか。「いったい、正常な韓国と日本の関係というのは何だろうか?」という問いに対する答えは、あまり見たことがない。理論的には、正常な国家関係とは、独立した主権国家として対等な外交関係を結んで交流することを言うものだが、それぞれの国が独立して自主であるべきだ。

韓日関係は、日本と韓国が米軍支配下で外交主権を持たない時期に植民地支配と被支配の関係を清算しないまま始まった。ところが、韓国は当初から分断により強制的に米国支配に編入され、東西冷戦の一つの軸となり、韓国と日本は「反共」友好国の枠に結ばれた。米国はベトナム戦争遂行の必要性のために、1965年の日韓条約で「国交正常化」を両国に強要した​​。 1960〜1970年代の韓国では、日本で生産した電子製品などがあふれ、キーセン観光に来た日本人が闊歩した。韓国人の認識の中で、日本製品が日本の帝国主義よりも広く知られた。巨視的に見ると、米国の東アジアの支配構図の中で、韓国は日本の下位に位置し、「大共産主義の防波堤」の口実に安住した。そして、「漢江の奇跡」の中で、命を消耗させる長時間低賃金の苦しい労働の中、露骨な欲望だけが乱舞する野蛮の時代を経験した。日本に忠誠を誓った日本軍出身の独裁者の国で、日本は、接待を受け、お金を稼ぎまくりながらも、技術的優位性を武器に韓国を啓蒙する高慢さを楽しんていた、そんな時代が(※韓国が間違いを認めるべきだと主張する一部の学者たちにとっては)「正常な韓日関係」の時代だったわけだ。

ところが、中国と韓国の経済的跳躍は、日本の「アジアナンバーワン」の座を危険にさらした。ここで韓国の民主化は、特にろうそく集会で誕生したムン・ジェイン政権が平和と統一の眩しい象徴になって、それで過去の日本の支配を受けた朝鮮が国際的に脚光を浴びるようになり、日本の極右勢力は到底我慢できない嫉妬や憎しみを感じ、極端な非難を吐き出しているのだ。

私たちは、日本を主人として仕える韓日関係に決して戻ることもできず、戻るべきでもない。民主主権国家である韓国、新しい南北の「平和の時代」にふさわしい韓日関係を開いていくべきであろう。>

https://news.v.daum.net/v/20190428204830772

 

良いか悪いかを論ずる前に、「どれだけ劣等感に包まれていると、こんな世界を生きることになるのだろうか」とある種の哀れみを感じてしまいます。

何度か、「韓国人は、韓国が反日だという自覚も無い」と書いたことがあります。零点がちゃんと存在しないと、「点」が右にあるのか左にあるのか、測ることができなくなります。韓国の日本観は、まさしく、その零点(基準点)が世の中の一般常識とは外れています。

その「壊れた零点」のことを、韓国では「正義」と言います。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+158

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5