韓国紙「新しい令和時代になったのに何故日本は韓国と関係改善しないのか」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国の「ソウル経済」紙の記事ですが、なんと記事1つでネタ2つを提供しています。

まず、ネタその1。記事は、「新しい令和時代になったのに、なぜ日本は韓国と関係改善しないのか」と主張しています。

<日本の新しい時代(※令和)の始まりにより、日韓の対立が改善されるだろうという期待感とは逆に、安倍晋三総理の「韓国パッシング」戦略が露骨になっている。

安倍総理が韓日葛藤を拡大させることは、官僚の相次ぐ妄言と韓国との日本産水産物の輸入関連の世界貿易機関(WTO)の紛争敗訴など政治的悪材料を克服し、保守層の結集を引き出すための歩みと見られる。今年7月に予定された参院選を控えた安倍総理の立場では、韓日関係の悪化は悪いことではないと判断したとみられる・・>

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

関係改善が無い理由は、安倍総理のせいではなく、「韓国が何もしていないから」です。日本が新時代になったのとも関係ありません。

「韓国は何も悪くない」という絶対的な前提があるからでしょうか。韓国は何もしていないのに、なんで日本が関係改善すると思っているのでしょうか。

 

次のネタです。

昨日(3日)、カン・ギョンファ外交部長官と外信記者たちとの懇談会がありました。

そこで日本の記者さんが、2日に文在寅大統領が「日本が(日韓問題を悪化させているいくつかの案件を)国内政治に利用しようとしているようで、残念だ」と話したことで、その発言を問題だと指摘しました。

すると、カンギョンファ氏がこう答えました。記事本文の文章がちょっと分かりづらかったので、訳に『』を入れてみました。

「『韓国政府が国内的に歴史問題を利用しようとしている』とする日本のほうが、この件を政治的に見ているのではないか」。

 

すなわち「『この件を国内(政治)に利用しているのではないか』と言うほうが、実は政治的に利用しているのだよ」ということでしょう。バカだと言う方がバカ、という理屈です。

・・・・いや、でも、安倍総理は「韓国がこの件を政治的に(国内的に)利用している」と言ってまでん。文在寅大統領が「日本がこの件を政治的に利用している」と話しました。

カンギョンファ長官の理屈だと、政治的に利用しているのは文在寅氏の方になります。私の気のせいでしょうか。

https://news.v.daum.net/v/20190503165019238

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5