韓国「ミサイルとは言わないで」/専門家「短距離弾道ミサイルです」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

北朝鮮の「発射体(日本で言う『飛翔体』)」ですが、韓国軍は最初は「短距離ミサイル」と発表し、その後に「発射体」としました。

ミサイルも発射体ですが、発射体だからってミサイルというわけではありません。昨日も似たような趣旨を書きましたが、韓国側は「ミサイル」とは言いたくなかったのではないでしょうか。

そしてその後、放射砲(多連装ロケット砲)のようだとまた発表内容を変えました。今日の発表では「新型戦術誘導兵器と多連装ロケット砲」としましたが、韓国側の記事だと「韓国軍は昨日(4日)も今日(5日)も、ミサイルとは言及しなかった」となっています。

https://news.v.daum.net/v/20190505135243747

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

しかし、このように「ミサイルと呼ばないで」と涙ぐましい韓国側の努力にもかかわらず、専門家たちの間では「ミサイルだ」「ミサイルですねこれ」「うわーミサイルだ」などの意見が出ているようです。なにせ、写真も公開されているとか。

 

共同通信によると、米専門家はそれを「短距離弾道ミサイルで、国連安保理決議違反になりうる」と見ている、とのことでして。短い記事ですので、共同通信の記事から全文引用します。

<・・北朝鮮が4日に発射した飛翔体について、米韓の専門家らは5日、短距離の弾道ミサイルだとの見方を示した。北朝鮮に弾道ミサイル発射を禁じた国連安全保障理事会決議に違反する可能性がある・・>

https://this.kiji.is/497590385414063201?c=39546741839462401

 

韓国側でも、同じ分析が出ています。ソウル新聞の記事から引用すると、ほぼ確定のようです。

<北朝鮮が4日江原道・元山(カンウォンド・ウォンサン)から発射した短距離発射体の一つは、北朝鮮版のイスカンデルとも呼ばれる地対地弾道ミサイルだのと分析が出ている・・

・・他の写真には、戦術誘導兵器と記載されて短距離ミサイルが移動式発射車両(TEL)から発射される場面があった。したがって、北朝鮮が前日江原道元山で発射したのは、放射砲と短距離ミサイルだと言える・・>

https://news.v.daum.net/v/20190505112107650

 

専門家たちは、イスカンデルは迎撃が難しく、韓国全域がターゲットになる恐れもある、と指摘しているとのことです。

イスカンデルってイスカンダルのことでしょうか。何もかも皆懐かしい宇宙戦艦が行ってきたところもイスカンダルですが、確か、もともとはアレクサンダー(アレクサンドロス)大王のことだったはずです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+146

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5