韓国野党代表「どれだけ悪い平和でも戦争よりはいい」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

盧武鉉大統領の頃から韓国情報をお読みの方々ならご存知のはずですが・・韓国の左派政治家に「鄭東泳(チョンドンヨン)」という人がいます。

盧武鉉氏の弾劾案が提出された時(結果的に弾劾までは行きませんでしたが)、壇上に座って「全人類、滅んでしまえ」な顔で泣いていた、あの人です。

いまは民主平和党という野党代表ですが・・このチョン・ドンヨン氏がオーストラリアの韓国人たちを相手に講演をしました。

その講演の中、「どれだけ悪い平和でも、戦争よりはいい」という内容があったので、紹介します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<鄭東泳・民主平和党代表は4日(現地時間)、「北朝鮮の核問題を解決するに、対話と平和以外の別のプランなどありえない」、「どれだけ悪い平和でも、戦争よりはいい」と強調した・・>

https://news.v.daum.net/v/20190506124854519?d=y

普通、こんなことを堂々と言いますかね。

単に「戦争にならないためには、北朝鮮のスポークスマンになってもいいじゃないですかー」という幼稚な主張とすることもできるでしょう。

でも、本ブログ的には、「極めて韓国社会っぽい表現だな」と思いました。もちろん、悪い意味で、です。

この発言をこう変えてみましょうか。

「どれだけ悪い正義でも、悪よりはいい」。

悪よりも危ないのが「悪い正義」ではないでしょうか。例えば、真の公正さに欠けた正義とか。公正でもないものを公正だと主張する正義とか。法律より上に立つための口だけの正義とか。

 

何のことかと言うと、韓国人にとって「変わってはならないもの」は、正義ではありません。正義を決めて貫くことで悪とぶつかるのではありません。悪を予め決めて、それを「悪だ!」と叫ぶことで、自分が正義側になるわけです。だから、韓国人にとって、変わってはならないのは、悪です。

だからこそ社会すべてが両極端に分かれて、上でないと下しか知らない勢いで争い、憎む。

「どれだけ悪い正義でも悪よりはいい」・・・どれだけ非常識的なことをやっても韓国を擁護するだけの韓国マスコミなどもまた、「どれだけ悪い韓国でも日本よりはいい、いや、よくなければならない」と思っているのでしょうか。

いろいろと、面白い(面白くない)発言でした。率直に話した分、文在寅大統領よりはいいかもしれません。どれだけ悪い鄭東泳でも(以下略

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5